ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

しかし、こうしてヘボットの二次創作まんがを描いてみたりすると、諸星大二郎先生の作品の面白さ、偉大さ、影響力をしみじみと、且つ強烈に感じますね。しかも名場面も多くて、どれもこれも引用したくなります。加えて、パロディにしても感動的。 https://t.co/tHvcyMnyHx
7日前

ヘボット!の二次創作の漫画を描きました。 その2。 読みづらい時はこちらへどうぞ。 https://t.co/tHvcyMnyHx #ヘボット #HEYBOT https://t.co/GphLr0L12h
7日前

ヘボット!の二次創作の漫画を描きました。 その1。 読みづらい時はこちらへどうぞ。 https://t.co/tHvcyMnyHx #ヘボット #HEYBOT https://t.co/1gAx4YyxPU
7日前

『プリキュアアラモード』のペコリンと言い、女児向けアニメにてっぺんハゲの大ブームが静かに、そして確実にやって来ている?
14日前

『アイドルタイムプリパラ』27話を観ました。しゅうかちゃんのマネージャーのポワンが画面に映る度に笑ってしまって、お話しの内容が頭に入ってきませんでした。余りにも落ち武者すぎる。 『必殺仕業人』の再放送を観ているので余計に赤井剣之介の殺し技とダブって見えてしまう。#プリパラ
14日前

「『プリパラ』 140話、『デュエマVSRF』 51話 ほか」へのコメント投稿

名前
コメント
絵文字を使う

『プリパラ』 140話、『デュエマVSRF』 51話 ほか

ここ数週間は 最終回が いっぱいだね。
しかも、その幾つかは長期放送していた作品なので
余計に寂しいです。



 『プリパラ』
第140話 (最終回)
「み~んな トモダチ! ず~っと トモダチ!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

この3年間の やり残しが無いように
出来る限りの伏線回収などを盛り込んだ、
まさにプリパラファンの為の最終回でした。


次に会う時は
もう今のレオナちゃんじゃなくなってるかもね・・・。
それでも 愛し続けるけど。 色んな涙を流しながら。

シオンちゃんも旅立っちゃったね。
母上殿にも会いに行くのかしら?
(登場しないだけで 普通に家に居たりして)

そして、ファルルだけじゃなく
ガァルルにも現実世界に来て欲しかったので
この流れは とても嬉しかったです。

パクトの中に入れたのかな?
一緒に 給食を食べているシーンも観たかったね。

但し。
こういうカットは本当に嫌だった。 実に不愉快。

みんな一緒の集団の中に居るのに、わざわざ
こんな2ショットにする必要はないんじゃないかな?
↓ こういう方が自然でしょう?

このカットさえ無ければ
おしまい記念の最終巻だからDVDを買ったのに。
たった1つの画で 売り上げを 1枚 減らしちゃったね。

鳥のフンが当たった!
ドロシー! すぐに宝くじを買いに行くんだ!

姫路駅前じゃ 日常茶飯事だけどね。
(あー・・・ 今は どうなんだろ?)

と言う訳で、
『プリパラ』 アニメは一区切り付けて、

おしもぁい!

次回 (来週) からは
『アイドルタイム プリパラ』 が 始まるよ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/



 『デュエル・マスターズVSRF』
第51話 (最終話)
「主役はオレだっ! 切札勝太VS切札ジョーっ!」
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

こちらも 実に素晴らしい最終回でした。

メタ発言な面を除いたとしても
理想的な主役交代劇だったと思います。

でも、ハコちゃんには
ちょっとだけ会いたかったね。



 『アイドル事変』
第12話(最終回) 「なんてったってアイドル議員」
http://idoljihen.jp/anime/episode/ep12/

何だかんだで 終わりまで観てしまいました。
しかも、そこそこ楽しんで。

馬鹿さと 真面目さと 毒っ気との加減が
ほど良く配分された佳作でした。
ベタベタな展開も多かったけど
それも また嬉しかったりして。

この最終回で
あれだけアイドル議員を否定していた総理大臣が
彼女たちの歌に合わせて密かにリズムを取っていました。
あれこそが この作品の全てだと思うのは言い過ぎかな?

そんな彼も 4話でアイドルの水着写真に
「よいね♥」 を入れたような人物なので
嫌いにはなれなかったし、
所詮、おっさんは美少女が好きよね。
(一部の人を除いて)

おっさんと言えば、このアニメ、
美少女よりも おっさん連中の方が
安定して良い作画だったね。

ちなみに、毎回 オープニングもエンディングも
飛ばさずに観ていました。
1枚に収まっていたら CDを買ったのに。
欲を かくと、かえって損する例だわね。


ちなみに
ニック・Qが好きなアイドル議員は
歌って踊れる座敷わらし・木谷るるちゃんです。
http://idoljihen.jp/anime/character/kitani-ruru/
こんなに可愛い娘が立候補したら
公約とか関係無しに投票しちゃうよねぇ。
え~と・・・ るるちゃんの公約は・・・
「毎週、月曜日は国民の休日にします」、だって。
やめや! 忙しなるやろ!



 『フューチャーカード バディファイトDDD』
第51話 (最終回)
「バイバイ! バル、永遠の別れ!!」
http://tv-aichi.co.jp/fc-buddyfightDDD/episodes/51.html

こちらも少年漫画の理想的な終わり方って感じで
とてもとても良かったです。

それほど好きでもないはずだったバルなんだけど、
お別れでは泣いちゃったよ。

遥か未来で出会えたバディが
未門家の血を引いた子供らしいのも また泣ける。
キリくんなら バルと再会できたのかな?

しかし1万年っていう未来が遠いって感じるんだから
オンカロの10万年ってのは とんでもない時間なんだな。
http://nick-q.syncl.jp/?p=diary&di=631286

はい、描き下ろしは
いつか再びメイン回があればと
8ヶ月も前に既に出来上がっていた
ブレザーフリルちゃん。

そのスクール水着バージョン。
50話では まさかの台詞有り。

僕も バディは美少女が いいなー。

でも実は
兼ねてから気にしていたのは
牙王くんのクラスメイトの女の子。
名前は不明だけど、
設定資料を見たところ キヨミちゃん(?)みたいね。

おっちゃんは この娘と仲良くなりたいです。

あ、そうだ。
ソフィアは 結局 出なかったね。



 『カードファイト!! ヴァンガードG NEXT』
第25話 「終幕のカオス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

いや、しつこいけどさ、
ノアくんは女の子だよね?
乃愛ちゃんとか、望愛ちゃんとか。
未だに気になる。

しかし、これまた しつこいけど、
過去キャラばかり出してくるのは止めてくれないかな。
このアニメって そんなに ずっと ずっと ずっと ずーっと
テコ入れしなくちゃいけないくらい人気無いの?



 『BanG Dream! (バンドリ!)』
第9話 「バイトしちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

こういう お話し、かなり好きです。

表立って見えない裏方の支え、準備中の高揚感、
人に感動を伝える者の心構え、
それらが 様々なドキドキわくわくを思い出すよ。

だから、もしかしたら、
創作の苦労と楽しさを知っている人なら
この回は より一層 面白く見られたかもね。





・・・とりあえず今日は ここまで。

眠い。

ではまた。


2017-03-29 22:48:14投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
コメント一覧
コメントはまだありません。