ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

アイドルタイムプリパラ 41話 キラキラ☆プリキュアアラモード 47話 キュアペコリン 流星人間ゾーン みなもと太郎 双子の魔法使いリコとグリ イラストパネル  https://t.co/Y74MkDUlZR
1日前

・・・予約しました。
2日前

う~・・・・・・・・ ムービックアイカツ!イラスト集~ブーケ~『Bouquet』: キャラグッズmovic https://t.co/FParRS7OhL
2日前

洗面所の白熱電球が ついに切れてしまいました。 実は この電球、28年以上も頑張ってくれていたのでした。 長い長い間、どうも ありがとう! https://t.co/ND7xFj0sbu
6日前

キラキラ☆プリキュアアラモード 46話 ノワール大決戦!笑顔の消えたバースデー! ノワールが可哀想で。   https://t.co/UeGvImHRaQ
7日前

19件中   1 - 5 件表示 ( 全 4ページ )
1  2  3  4   

『スターウォーズ 最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html

遅れ馳せながら
本日、観に行ってきました。





正直に言うと、・・・良かったです。

もちろん期待していなかったから、じゃなくって。

物語95点、映像5点、合計100点くらいの感覚。

相変わらず過去作からの
セルフパロディと言わないまでも オマージュな映像ばかりで
残念だったけど、(この度はⅤ、Ⅵからが特に多かった)
それを充分に補える お話しだったので良かったです。
色々とシリーズ物としてのズルい所も含めて。
何度か泣いてしまったからねぇ・・・。

こうなってしまうと、やっぱり未来の人に嫉妬してしまう。
絶対に最後まで付き合えないから・・・。



と言う訳で、ざざっとだけ感想。

あとは時間があれば、追加・修正などで 加筆していきます。
もしかしたら これ以上、何にもないかも。


とりあえず、今日は ここまで。





【2017-12-20 22:51】

いきなり追加。

そうそう、ただね、良かったんだけど、
エピソード Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、この頃と違って
ワクワクして観ているんじゃなくて
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのように
見守っているっていうのに近いのよ。

それでも、まだⅠ、Ⅱ、Ⅲには素敵な刺激があった。
Ⅶ、Ⅷには そのドキドキが無い。

これは こちらの年齢の問題じゃなくって
(今でもワクドキする作品は いっぱい あるからね)
今の作品の方向性で どうしようもないのだけど。

Ⅹ、Ⅺ、Ⅻ (面倒臭いな・・・10、11、12、ね) は
冒険活劇映画に戻ってもらいたい。

やっぱり 『スターウォーズ』 という作品には
楽しいスペースファンタジーであって欲しいのよ。


2017-12-20 22:00:14投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『ポッピンQ 』

『ポッピンQ 』
http://www.popin-q.com/

初日の初回で観てきました。

そこの君、「ホンマに見に行ったんか!」 とか思ったろう?
ホンマです。 観に行ってきたよ。

「こんなん誰が見るねん?」 とか言ってたけど、
予告のダンス場面に 心 鷲掴みされてね・・・。

ちなみに、
全80席、おおよそ30人くらいの方が来てました。
その中に、幼稚園くらいの子2人と その お母さん。
あとは若い男性が ほとんどでした。
予想より来場者は遥かに多かった。



映画の内容から対象年齢を考えると、
小学校3~4年生から 中学生が対象って感じかなぁ?



さて、作品の感想。

15才の女子中学生と
ポッピン族が可愛いっていうだけで
とても満足でした。 とても満足でした。


でも、もっとダンスシーンを観ていたかった。
意外と短かった印象なので。
格闘シーンを省いて 全て踊りでも良かったのでは?

逆に オープニング内で
ダンスを先に見せちゃうのは
ダメな演出な気がする。

それに 最後のダンスは
ポッピン族のマスコット達にも踊って欲しかった。
主人公たち 「5人のパワーだけじゃ足りない!」 って
事態になって、一緒に踊るっていう定番展開で。

だって、他のアニメ作品のダンスでも
マスコットと踊るっていうの余り無いでしょう?
そういうのが “見せ場”っていうやつでしょ。
或いは、せめてエンディングの隅っこで踊るとか。


もうひとつの不満点は
流れてくる歌の出所が解からないところ。

単純に
“誰かのスマホに入ってた” で充分なんだけどな。
あのファンタジーな世界なのに
聴こえてくる歌が 現代の人間世界の歌すぎるのよ。



物語は、
「思春期の悩める女の子」、
「異世界のピンチを ダンスで救う」、
そして、「卒業」。
このキーワードで想像してごらん?

それそれ。

それ。

その想像した通りの物語で正解。
全くって言っても過言じゃないくらいに
目新しい事は無いよ。

しかも、ここだけの話し、
その 「悩み」 っていうのが 実にゼイタクな悩みで。
まぁ、そりゃいいや。
彼女たちにとっては 物凄い悩みなんだろうから。
あー・・・ 「まゆ毛が短い」、とかじゃないよ。


そして 最も驚いたのが、
シャレでは片付けられそうにない
続編やる気マンマンのCパート。

主人公たち5人の女の子は
無事に卒業して高校に進学するんだけど
(敵の) 意図的にか、そこで全員が再会するのね。

それは それで素敵な展開なんだけど
そのあと 「未来を ちょっと見せてあげよう」 ってな感じで
彼女たちの その後が描かれるのよ。

これが また
恥ずかしい程に思いっ切りバトルアニメ!って様相で。
あれは本当に不必要だった。

もしかすると、メタ的ジョークのつもりなのかも知れないけど、
こういったアニメーション作品は単発ものだから良いのよ。
あれで ちょっと評価が下がっちゃったな。


おじさんは、伊純ちゃんが 一番 好きだな。
特に ぶかぶかのバイオスーツの時が。


オリジナル表示
GENさん曰く、「もっと同位体の布製グッヅを作るべき」。
どうやら ワッペンとかが欲しかったらしい。
今時の子供がワッペンを欲しがるかなぁ~???


こういう絵にも、もっとワクワク感が欲しいよね。


ワクワク


そんな感じで、
可愛い女の子のダンスで
満足の1本でした。

何回か踊りが観たいから
ソフトが安ければ買ってしまおう!


2016-12-23 13:58:39投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

観てきました。



まさに 『クローン・ウォーズ』 の
実写版という感じで 物凄く良かったです。

音楽とSE (サウンドエフェクト) に 不満はあるけど
それらを補えるくらいに感動作でした。


という訳で、特に語る事はありません。

素晴らしい作品に
しょーもない感想や理屈は要らない。

ニック・Qも、また もう一度は観に行こうと思ってます。


おわり。














・・・これじゃ愛想が無いので もう少し。

以下、ネタバレあり。 要注意。



実は この作品、予告を見る限り
「どうせ また つまらないんだろうな~」 って程度の
認識だったんだけどね、正直に言うと。
それも全部 『フォースの覚醒』 が悪い。

でも スター・ウォーズ ファンの人で
あの 『エピソード7』 に懲りている人も
是非この 『ローグ・ワン』 は観に行ってほしいな。

スター・ウォーズらしくない
地球人みたいな登場人物も
チラホラ居るなぁ~って調子だったんだけど、
いざ観てみると 亡くなってほしくない
魅力的なキャラクターになってたし。


それに今回は
ルーカスの言葉 「いつも SOMETHING NEW」 の
精神は しっかりと確実に引き継がれていた。

つまり、これまで (スターウォーズ シリーズでは)
観た事のない異宇宙情緒・異星感。
例えば、個人的には冒頭の
“砂浜に打ち寄せる波と その上を飛ぶ宇宙船” で
掴みはバッチリだった。
帝国軍の観光保養所みたいな保管庫とかもね。


そして 何よりも、
“これから先が分かっている物語” だからこそ、
さりげないセリフや行動にまで その都度 心が震えたりして
ニック・Qは 後半、いや前半から 既に ほとんど涙目状態。

最後に レベル・ブロッケード・ランナーが
脱出艇として出てきた瞬間では ついに
滝のように、“だっぶわーっ” と泣いてしまったよ。
「 (『新たなる希望』 と) つながった!」 ってね。

そう言えば、本作では
ラストショットが人ではなくて
メカ (ビークル) だった。
この辺りも差別化してる感じ。


更に、映像として、
宇宙や星が大好きな人にも
刺激的なカットも 度々ある。
例えば、
惑星上空に浮かぶデス・スターが
(恐怖に反して) 日食になる様の美しいこと!


あ~・・・。

なんだかんだで長くなっちゃったね。


まぁ、そんな感じで とても良かったから
ジョージも素直な気持ちで映画館にGo!だぞ。


いや、もう、本当に良かったんだから。


映画は やっぱり、観終わったあとに
こういう満ち足りた気持ちでないといけないねぇ・・・。




















さぁ~て、次は
『ポッピンQ』 だよ~!

http://www.popin-q.com/


2016-12-19 21:15:10投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『インデペンデンス・デイ : リサージェンス』

『インデペンデンス・デイ : リサージェンス』
http://www.foxmovies-jp.com/idr/


観てきました。

元 大統領の娘・パトリシアさんが
とてもとても可愛い女性でした。
彼女を観ているだけで この映画は価値があったよ。

パットちゃんこと、パトリシア・ホイットモアさん。
(演/マイカ・モンローさん)

それは それで まぁ 置いておくとして。

あ、そうそう。
犬を抱いていた少女も可愛かったね。

いや、だから、それは それで置いておいて。


20年前の前作 『インデペンデンス・デイ』 は
とにかく やたらめったら ムチャクチャ面白くて、
GENさんとKくんの3人とも 100点では足りないくらいに
大満足!・・・と、当時は 静かに語り合ったものでした。

今回の映画は 80点と言ったところかな。

観た人の感想は おおよそ似ていると思うんだけど、
個人的マイナス面を挙げてくね。

先ず第一に
地球人類側のテクノロジーが余りにも
現実の2016年から かけ離れ過ぎていて、
開始 早々から残念だった。

技術は手に入れていても
わずかな利用に留めた方が
作品世界が地に足が着いていたはず。
現代兵器と 未知の兵器の対比が面白いのに。

第二に
前作までの ご都合展開までなら
十分に許容範囲だったんだけど、
本作では
別の宇宙人が仲間になってくれた~ってのは
お約束を超えた ご都合展開過ぎる。

それならば、例えば
複葉機で戦って
電磁波を感知して戦う敵を
逆に翻弄したりとか・・・。
そんな新たな設定を作ったりした方が楽しい。

第三に
全体的に ゴチャゴチャした印象がある。
物語も 絵面も 登場人物の数も。

第四に
前作を なぞっている演出が多々あったんだけど、
あそこまで焼き回しする必要はなかった。

第五に
もう大量破壊描写に行き詰まりを感じる。
映画館で観た分、さすがに迫力もあったし、
加えて宇宙人への憎しみも増すけどね。

第六に
物語としては いかがなものか?なんだけど、
主要メンバーは 誰も亡くならずに
痛快娯楽にして欲しかった。


これだけダメな面を並べても、
それでも この映画は問題なく楽しめたよ。

特に、元・大統領の世界統一に関する
演説には心を揺さぶられた。

今回は 大衆の前で演説するんじゃなくって
ただの会話でしかないんだけど、
だけど その聞こえてきた会話に対して
周囲の人達が 自然に静かに手を止めて
彼の言葉に耳を傾ける演出が良かった。
そう、皆の心の中にも
同じ気持ちが宿っているんだよね。


そして
この映画で 最も衝撃的だったのは、
シャルロット・ゲンズブールが
おばちゃんになっていた事である!
まぁ、
相変わらず 可愛い雰囲気は健在だったけどね。


正直なところ、もう一度 観たら
ダレるかも知れないけど、
また何年後かには
再見したい映画にはなっているでしょう。





それから、余談。

『シン・ゴジラ』の
予告が流れてたんだけど、
出てきた感想は、
「まだ こんなこと しとるん?」
「また こんなこと しとるん?」。

『ターザン』、『X-メン アポカリプス』 の予告は
「これ 観てみたいな!」 って思えたんだけど。

邦画は やっぱりアカンわ!
・・・なんて思いたくないのにね。

洋画は、時間と お金を返せ!
・・・って ならないんだけどな。

まぁ、もう二度と
日本のゴジラ映画は観ないけど。
ニック・Qは
平成ゴジラが全く趣味に合わないのよ。


2016-07-14 17:01:47投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『ポーの一族 [春の夢] 』、『マカロニウエスタンDVD』

「月刊フラワーズ」 2016年7月号
http://flowers.shogakukan.co.jp/index.html

萩尾望都先生の 『ポーの一族』 が
40年ぶりの新作という事で購入。
長生きはするものね。


エドガーは相変わらず女の子に茶々を入れて、
アランが それを寂しく思っている構図は いつも通り。
(あ、エドガーは お気に入りなら 男女 問わず、か)

それでも今回は、これまでとは違った方向で
どことなく雰囲気が明るくなった気がします。
戦争という重苦しい設定を背景にしているのに。

妖艶で陰のある作風じゃなくなっちゃったのは
時代ゆえか、萩尾望都先生の何かが変わったのか。

テレビのシリーズ物が途中から
フィルム作品だったものが ビデオ作品になってしまった。
・・・という感覚に近いかも。
それはアナログから デジタルになったというのでもなく、
もちろん 漫画を描く道具や 印刷技術の違いという
単純な事でもなく。
ここんところ、実に説明が しにくいのだけれど。

そうだな・・・。
同じ風景でも
光の中から 影の部分を観ているか、
影の中から 光の部分を観ているか。
そういう感覚に近いかな・・・。
いや・・・そんなのでもないか・・・。

ただ感じたのは、
よく言われるように
作品を読みたかったというよりも
作品に酔いたかったというのは確か。

前述したように
まさか酔わせる側に “照れ” が生まれてきたとは
思いたくないので、もしかすると
読者の側に変化が起きたのかも知れないですね。

でも、どんな形にしても
原作者さんの手によって世界観が広がるってのは
素直に喜んで良いでしょう。

次回 (冬頃になっちゃうみたい) が楽しみですね。

私が それまで生きていられるかしら?

彼らのような生き方が
時には羨ましくもあります。

ちなみに、ニック・Qが
好きなキャラクターは
エディス・エヴァンズ。
好きな お話しは
「一週間」 です。


590円です。
高く買わされないように。



朝日新聞出版
「マカロニ・ウエスタン 傑作映画DVDコレクション」
http://publications.asahi.com/mw/

実は ニック・Q、アメリカの西部劇が ちょっと苦手で。
何て言うか、泥臭さや埃っぽさがないのよ、ハリウッドは。

ちなみに、こういった60年代のイタリア西部劇が
好みなのは母親の影響だと言えましょう。

幼少の頃の我が家は、
よく この辺りの映画のサントラが流れてたものです。
もちろん、LPレコードよ。
人生 最初期の思い出の音楽です。



と言う訳で、いきなり本屋さんで発見。
即 購入。
やっぱり、家に閉じ籠ってばかりいないで、
たま~には町に出て、
本屋さんを覗いたりもしないといけないね。

『続 荒野の用心棒』 の
日本語 吹き替えが収録との事で
迷わず買いました。 あ、買ってもらいました。

8号に収録予定の 『荒野の大活劇』 も
もう一度 観てみたいな。 どうしよっかなぁ~?
ん?
allcinema のサイトでは この12年の間に
私しか感想を書いてないじゃん!
楽しい作品なのに。 (あんまり覚えてないけど)



【以下 2016年6月5日 追記】

多くの方が この 『続 荒野の用心棒』 について
語っておられるでしょうから
今更 書く程の事もないのですが
ただ 好みの問題として追記しておきます。

十字架に 銃を架けてのラストシーン、
最後のジャンゴのセリフ。

イタリア語版での字幕では
「土に還るべし!」 となっています。

でも、個人的には (初めて観たのが
日本語の吹き替え版だった事を除いたとしても)
やはり 小林清志さんの 「アーメン!」 の方が
圧倒的に カッコイイです。

その方が、もしかしたら自分の方が
負けるかも知れないという覚悟にも聴こえるし、
加えて、敵ボスが唱える聖書の言葉からの
流れとして、聞き慣れた文言で自然に耳に入る。

ちなみに今回、
このDVDで初めて 英語版の字幕を見たのですが、
それでは 「さあ、死ね」 に対し、「テメエがな!」 と
返すセリフになっていました。 うむむ。
やっぱり 「アーメン!」 が しっくりくる。

ついでに言います。
その決着の後、主題歌が流れてくるのですが、
日本語 吹き替えで観ていると 歌詞の字幕が出てきます。
これも ちょっと 今ひとつカッコ悪い。

外国の歌は 何を言っているのか解からないからこそ
カッコイイ場合も多いので、ここは字幕無しが良い。
そうする事によって (日本語しか理解できない者には)
映画自体が 「アーメン」 という言葉で締め括られる。
( 「FIN」 は物語の完結として必要で、劇中とは別もの)
あとは 無言で 何も語らず、語られず主人公は去って行く。
そこに 私は カッコ良さを見出すのです。


2016-05-29 22:09:01投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
19件中   1 - 5 件表示 ( 全 4ページ )
1  2  3  4