ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

あの『ラブ米』が ついに最終回。 にこまるくんに会えなくなるのかと思うと とても寂しいです。 https://t.co/5YUXnWUXX6 #ラブ米 https://t.co/dSB32l71Cj
6日前

#プリパラ アイドルタイムプリパラ 11話 12話 レオナちゃん #ラブ米 にこまる #アンパンマン シロップちゃん  https://t.co/xz5B8sXl06
7日前

今日の読売テレビの『それいけ!アンパンマン』は「ちびぞうくんとホットケーキマン」の回でした。シロップちゃんは相変わらず可愛いです。今回の不機嫌そうな顔も実にキュート! #アンパンマン https://t.co/EDtzbMCGfX
8日前

お米! お米は助かる。 https://t.co/eLr2b1Q1EK
9日前

実に飯稲(い~ね)! 『ラブ米』がGYAO!で一挙配信中だと知りまし田(た)。 途中からの視聴だったので、これは明るい農村からの便りって感じ。 19日に終了みたいだから、春の晩飯あと三里とはならない せわしなさだけど仕方ある米(ま… https://t.co/c5D5wkTpwB
10日前

4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )

1999年(平成11年)3月30日(火曜日)

1年8ヶ月ぶりにして、4回目の 「古い新聞が出てきたよ。」。

前回 紹介したテレビ欄が1987年でしたが、
http://nick-q.syncl.jp/?p=diary&di=1057879
今回は その12年後、ノストラダムスで有名な 1999年。
現在は 2016年ですから 17年前ですね。


オリジナル表示 これを見なくちゃ始まんない。 どうぞ。

オッサンのニック・Qからすると、つい最近という感覚。
つい最近は大袈裟か。 でも そんなに昔と思えないなぁ。
テレビも そんなに 特別 大きな変化がある気がしないし。


さて、ちょっと観ていきましょうか。

先ず 「おっ!」 となったのが サンテレビの お昼。
これは 『アフタヌーンシアター』 だな。
この番組では 本当に色んな映画を放送していたのよ。
マイナー映画好きなニック・Qとしては嬉しくてね。

『ジャック・ワイルドの 怪獣島の大冒険』 (1970年) や、
『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』 (1971年)、
この2本も この頃に放送してたんじゃないかなぁ?
やたらと印象に残ってる。
『恐怖のレストラン』 も放送してた。

更に 夜のサンテレビの映画。
これは 『火曜洋画劇場』 で
山城新伍さんが解説をしていた番組。
何かのトーク番組で 山城さんが話していた。
(概要) 「どこの局かは言わないけど、
開始 当初から ギャラが 全然 変わってない」、
「僕か、局か、どちらかがギャラの話しを切り出した時が
あの番組を降りる時になるんじゃないかな?」 って。
可笑しくて笑っちゃった事があるんだけど、それが
多分 この 『火曜洋画劇場』 の事だったんだろうな。

あと、同じくサンテレビでは 『子連れ狼』。
記憶だと、この時の再放送から観始めた。


NHK衛星 第2 「衛星アニメ劇場」も 放送中ね。

『さくら』 は 『カードキャプターさくら』 に なるのかな?
ちなみに、アニメージュで 初めてカラーイラストを
掲載してもらったのが この美少女アニメ。
フリースペースのコーナーで、ですね。

一方の 『わんころべえ』 が最終回マーク付き。
これは どうやら再放送分みたいだね。

夜中の 『オーディオグラフィック』 も好きだった。
ごくたまに 美少女の生き人形たちの回もあったりして
妖しげな映像と 綺麗な音楽で
昼間では味わえない この世から一線を画した
奇妙な感覚を、夢か現か幻か状態で 味わったものよ。
若い頃の、「真夜中のジャズ」 って感覚ね。
http://nick-q.syncl.jp/?p=diary&di=421683


テレビ大阪の 『リカちゃん』 は
『スーパードール★リカちゃん』 だね。
調べてみると、第26話の本放送。
実は、この作品、
ウチの地域では電波の都合で視聴できなくて。
何を隠そう、初めて買ったDVDソフトが
この 『スーパードール リカちゃん』 だったのよ。
・・・まぁ、1巻しか買ってないけど。

それで、30分前にしていたのが
『セイバーマリオネット J to X』 って アニメか。
これは ほとんど知らないな。
チェリーって女の子が可愛かったのは覚えてるけど、
そのシリーズなのかな?
最終回ってなってるけど、
未放送回が この後に1本あるのか。 なるほど。


朝日放送は
まだ 「子供アニメ大会」 を していた頃なのね。
いつの頃からか この番組枠が なくなっちゃったね。
『あさりちゃん』 や 『かぼちゃワイン』 は
ファンロードでもネタになってたくらいに
再放送しまくってたのにな・・・。
今では、アニメは全部、大会 予選落ちしちゃって
通販や情報番組が勝ってるって事なのかしら?


毎日放送、深夜の映画は 火曜日だから
浜村淳さんの 『映画へ ようこそ!』 ではないね。


NHK教育では
『虹色定期便』 の再放送が入ってるね。
これは観ていたかなぁ・・・?
おそらく観ていたと思うんだけど、覚えてない。
『さわやか3組』 は 確実に観てたけど。


それから、
この頃の新聞には 録画予約用のGコードが
まだ掲載されて・・・ん? もしかして最盛期?
ビデオだけに再生機。
あぁ、Gコードってのは、
番組の最後に並んでいる数字の事ね。
鬱陶しいでしょう?
当時から思ってたんだけど、録画予約って
こんな数字に頼らなくちゃいけない程に
めんどーくさいものかなぁ?
無意味な数字の羅列の方が分かりにくそうだし。


それで
こうやってテレビ欄を眺めていると、
何となくなんだけど テレビそのものに
元気が なくなってきた頃のような雰囲気さえ感じ取れる。

単純に自分自身の人生の何かが見えてきて
若さや生き甲斐が下り坂になってきたり、
刺激が無くなってきた時期の所為なのかもだけど・・・。

この時代は
ニック・Qの周辺だけだったかも知れないけど、
もうすぐ 「1999年、7の月に恐怖の大王が来る」 ってんで
どこか 世界の終わりが来てしまうという
妙な 諦め感や 冷めた気持ちみたいなものが漂っていて。
(と言うか、ある種の希望だったのかも?)

いや、実際に 1999年7月までしか人生設計を
考えていない者も 多かれ少なかれ居たりしたのよ。
もちろん 冗談っぽく語る人も、本気らしき人も含めてね。

それで 結局、やっぱり何も起こらなくて。

だから、あの時を境に
虚無感だけを抱えて生きている人もいるのよ。
もちろん、それは遠い昔の事で、
今では現実の楽しみを見付けて
それなりに元気に生きていると思いたいんだけど。

そんな諸々の記憶の断片を
この新聞を読み返して
ふと思い出したりして。


みんな どうしているんだろう?


もしかしたら 人間には
目に見えるゴールっていうものも
必要なのかもね。


1999年3月の新聞でした。



つづく。


2016-08-13 19:29:20投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

1987年(昭和62年)10月7日(水曜日)

1年9ヶ月ぶり、3回目の 「古い新聞が出てきたよ。」 です。
今回は、前回の1984年から3年後、1987年。
現在は2014年ですから 27年前ですね。
実は、このくらいになってくると、そんなに前って気がしません。

先ず、こちらから どうぞ。 (オリジナル表示で拡大されます。)

オリジナル表示

今回、何気なく手にした古新聞だったのですが、
驚いた事に偶然にも、先日 亡くなった菅原文太さん主演、
『警視庁殺人課』 (再放送ですけど) が 載っていました。
しかも中でもアクション編だった 「恐怖のロープウェイ」 が!
ミスター
菅原文太さんが亡くなってしまった事に
改めて寂しさを感じてしまいました。
最近は 『トラック野郎』 も楽しませてもらっていたのに。
とても残念です。

しかし、今回の番組表でも
この27年間で亡くなった方も多いねぇ・・・。


さて。
先ず、この頃ってアニメの再放送が多くて羨ましいね。
『家なき子』 や 『おんぶおばけ』、『クムクム』、
『まいっちんぐマチコ先生』 まで してるし。

お。
『宇宙空母ギャラクチカ』 の ドラマも あるぞ。
「何で ギャラクティカと チャウねん?」 と
当時から思ってたな。 今でも思うけど。

『11PM』 の特集も やっぱり気になるな。
サンテレビのニュース、「悩殺ボンドガール」 も。
誰の事だろう?
『007 リビング・デイライツ』 か。 これは観てないな。
ティモシー・ダルトンが 『フラッシュ・ゴードン』 の
バーリン王子のイメージしかなくて。

しかし、この頃は まだ白黒のドラマも
普通に再放送してくれてたんだな。
今は ほとんど されなくなったよねぇ・・・。


ちなみに、以下、ニック・Qの日記から。

『ミステリー・ゾーン』 も この頃に再放送。
この7日 早朝の1時35分 (6日 25時35分) から
「消えた少女」 をしていたようね。

『ガンバの冒険』 の再放送は 25話。
なお、この日に観たテレビは これだけだった様子。

『できるかな』、『さわやか3組』、『おーい!はに丸』。
以上の3本は今だったら押さえるんだけど
当時は ほとんど観てなかったみたい。

おっと、この際だから、ついでに。
『うたってゴー』 は 87年は違う方だったと思うんだけど、
後々出演する あべえみこさんが可愛くてね。
『美少女戦士セーラームーン』 の 水野亜美ちゃんは
あべえみこさんみたいな女性なんだろうなぁ~って
GENさんと当時は盛り上がったもんだよ。

余談ですが、この日の 次の日、10月8日(木)。
朝7時30分からは 『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』、
38話 「ロマンスは甘き香り」 で
田山真美子ちゃんがゲスト。

更に次の日、9日(金)には
関西テレビ19時から 『赤いバッシュ!』 、
よみうりテレビ19時半から 『Wパパに オマケの子?!』 が
放送開始と記されていました。

前日の6日(火)には サンテレビ 22時30分から
『翔べ!必殺うらごろし』 の再放送がスタート。

今 思うと、日記って意外と役に立つな。
・・・別に役には立ってないか。

では また。


2014-12-05 15:33:44投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

1984年(昭和59年)4月3日(火曜日)

新企画2回目、「古い新聞が出てきたよ。」 で あります。
今回は、前回の1969年から15年後、1984年です。
現在は2013年ですから 29年前ですね。

先ず、こちらから どうぞ。 (オリジナル表示で拡大されます。)

オリジナル表示

新年度なので新番組も多いですね。
ニック・Q は アニメ系は余り観ていなかったんだけど、
サンテレビ 『スパンク』 とか、朝日 『ぶーにゃん』 とか
NHK 『ひげよ さらば』 って本放送なの?
『のらくろ』 は さすがに再放送なのは判るんだけど。
そう言えば、今は無き 『サザエさん』(再放送) も見えるね。
※ 調べてみました。
『スパンク』 は 再放送、『ぶーにゃん』 は 新番組、
『ひげよ さらば』 は 第2話みたいです。

『ドラマランド』(再放送) は 『月曜ドラマランド』 の事かな?
松本伊代ちゃんの 『デパートガール』 が物凄く可愛くって・・・。
エンディングで歌っていた 「ギヤマンドール」 は
今でも 大好きなアイドルソング5本の指に入る名曲です。

ん? 『サスライガー』 って サンテレビでしてたのね。
テレビ大阪で放送してるのかと思ってた。
あ、誤植 見付けた・・・。
『スフーンおばさん』 。 (これ印刷汚れかなぁ?)
そうそう、『バビル2世』 って BS朝日の再放送で
初めて観てるんだけど、・・・この作品、面白いねぇ!

ちなみに、この日の日記を読み返してみたら
『クラッシャージョウ』 は観ていたようです。
(アルフィンの お腹が好きでした。

更に そこから こんなレシートが出てきました。

・・・月刊ガロを買っていたみたいです。

そして この6日前には こんな買い物も。
オリジナル表示
これ、実は ビデオテープを買ったレシートなのですが、
当時を知る方は ご存知の通り、はい、実は これ、
ベータ(β)のビデオテープです。
L-750N っていうのは βⅡで およそ3時間、
3L-500N は βⅡで およそ2時間、録画が出来ました。
(↑ この3っていうのは3本セットですね。)
つまり、2000円で 2時間しか録画出来なかったのです。
(βⅢなら録画時間は その1.5倍だったかな?)
高かったなぁ・・・。 ホントに高い。
でも、我が家にビデオデッキが来た頃 (1979年頃) は
その倍の価格だったと記憶してるな、2時間5000円。
そう考えると、広く普及するっていうのは有り難い事よね。

【つづく】


2013-03-12 21:29:35投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

1969年(昭和44年)6月5日(水曜日)

今回から始まりました新企画、
「古い新聞が出てきたよ。」 で あります。

先日、大掃除をしていたら
仕事関係の資料の中から
過去の新聞紙が ちょっとばかり出てきました。

それを見て、思い出話しや感想などを
軽く語ってみようかな~っていうコーナーです。

ちなみに、シワくちゃだったものを押さえてスキャンし、
その後、画像ソフトで見易くしています。
実物は もっと色褪せて黄色くなっていましたが、
その雰囲気を残しつつ 目にも優しい色合いに調整しました。

と言う訳で、今回は掘り出してきた新聞でも
最も昔のものだった 昭和44年(1969年)の
読売新聞 夕刊を見てみましょう。
(オリジナル表示を押して頂くと大きく閲覧できるはずです。)

オリジナル表示

この頃のテレビは、00分とか 30分 始まりが多くて
テレビ欄も一見して分かり易いですね。

ニック・Q なら この日に観る番組は
『ハリスの旋風』、『木馬座アワー』、『空中都市008』、
いや、『ウルトラセブン』 か。 ・・・お。 イカルス星人か。
『セブン』 は、1968年9月に放送が終了して、半年後の
1969年4月くらいから再放送が始まったって事かな?
しかし、この編成で行くと
『魔法使いサリー』 は後半しか視聴できないね。
その後は・・・。 うーん。 基本、ドラマは観ないから
あとは お風呂に入って寝るだけだな。
あ。 TBSの 『20世紀の記録』 は興味ありますね。

特に見覚えのない番組ってぇと・・・。
『まねまねバンバン』 っていうのは
wiki に説明があったから内容は解かったけど、
『チョコマカ作戦』 ってのは不明ですね。
どうやら外国ドラマみたいなんだけど・・・。

それと感じたのは、ほとんどのテレビ局が
夜中0時~2時くらいには放送を終了していて、
“夜が本当に まだ夜だった”って感じがするね。
よく憧れつつも思うんだけど、
“真っ暗で 寝静まった夜”っていうものが
存在していた時代なのかな・・・。

朝の始まりも 早くて6時だし。
ん?
東京12チャンネルの翌朝の開始時間が
8時55分なんだけど、これはホント・・・?
(あ~・・・ 調べてみると そんな感じっぽいね・・・。)
あれ?
サンテレビも そう言えば昔は・・・あれ? どうだったっけ?

フジテレビ 朝の 『ヤダモン』 は、
若い方には可愛いヤダモンを思い出す方も
いらっしゃるかも知れませんが、これは違います。
可愛くない方 (失礼!) の ピー・プロのヤダモンですね。

ついでに、
上記テレビ欄の下に掲載されていた
映画館の広告から 『千夜一夜物語』 。
オリジナル表示
この作品、おそらく観たと思うんだけど
すみません・・・覚えていません・・・。
『哀しみのベラドンナ』 の
DVDは持っているのですが・・・。

【つづく】


2012-12-19 21:02:33投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
4件中   1 - 4 件表示 ( 全 1ページ )