ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

あの『ラブ米』が ついに最終回。 にこまるくんに会えなくなるのかと思うと とても寂しいです。 https://t.co/5YUXnWUXX6 #ラブ米 https://t.co/dSB32l71Cj
6日前

#プリパラ アイドルタイムプリパラ 11話 12話 レオナちゃん #ラブ米 にこまる #アンパンマン シロップちゃん  https://t.co/xz5B8sXl06
7日前

今日の読売テレビの『それいけ!アンパンマン』は「ちびぞうくんとホットケーキマン」の回でした。シロップちゃんは相変わらず可愛いです。今回の不機嫌そうな顔も実にキュート! #アンパンマン https://t.co/EDtzbMCGfX
8日前

お米! お米は助かる。 https://t.co/eLr2b1Q1EK
9日前

実に飯稲(い~ね)! 『ラブ米』がGYAO!で一挙配信中だと知りまし田(た)。 途中からの視聴だったので、これは明るい農村からの便りって感じ。 19日に終了みたいだから、春の晩飯あと三里とはならない せわしなさだけど仕方ある米(ま… https://t.co/c5D5wkTpwB
10日前

383件中   46 - 50 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

『迷家』 第5話

『迷家』
第5話 「ユウナ3人いると紛らわしい」
http://mayoiga.tv/story/episode_05.php



ごめん。
ユウナ3人とも被害者にならなかったね。
しかも 大して お話しも動き出さなかったし。
でも、ぼちぼちと何かが見え始めましたね。

さて、そんな訳で
先行放送のWOWOWから 1週遅れ組な私は
そろそろ謎解きから離脱します。

と言うよりも、実は何を隠そう、
今回で おおよその方向が読めたからね。
(ホント!?)

知りたい? 知りたい?
じゃ、ちょっとだけ。


こういう作品は
タイトルが作品の本質を内包しているものなのよ。

『迷家 ‐マヨイガ‐』 。

このタイトル、東北などの昔話から来てるんだけど、
それを踏まえたオリジナルストーリーが
このアニメ作品なのね。
しかも わざわざ カタカナ表記が付け足されている。
それこそがヒントだったのよ。

ズバリ言ってしまうと、
これ すなわち、「ーマヨイガー」、
「マーラ ヨーガ (Māra yoga)」 なんだね。
(えぇ~?!)
「マヨイガ」、「マラヨガ」。

これは、かなり大雑把に言うと、要するに
「(若者が) トラウマを克服して、
精神と肉体を超えた存在に近付く」 という意味。

お分かり頂けるでしょうか?
賢明な読者諸氏には ピンッ!と来たはず。
「健全なる精神と肉体」。
「体と魂、磨いて鍛えて生きること」。

そう、忍者だよ! 忍法だよ!

『迷家』 の キャラクター達は、
みんな ヤング忍者だったのよ!
ハイティーン・ニンジャ!
(その年齢以上も居るかも知れないけど)

つまり、現代忍者の修行。
(お互いに、まさか忍者だとは思っていないのかも?)
或いは、
忍者の素質がある者か どうかを試されている。
そういう物語。

これで あらゆる謎が腑に落ちたでしょう?
劇中で起きる現象や事柄を、人物像を、各種設定を
忍者・忍法というキーワードに当てはめてごらん?
・・・ほらね、納得できたでしょう?

視聴者の予想と考察の 全てを補う統一場理論、
それこそが 忍者の技、忍法だったのですよ。

あとは多くは語りません。
忍者・忍法を糸口に読み解いてみて下さい。

まぁ、言われてみれば簡単な解答なので
既に気付いていた方も
チラホラ いらっしゃるでしょうが・・・。

困ったな~!
先を観る楽しみが半減しちゃったよ~!
まいったな~!


はい、という訳で、
また私が無茶苦茶な嘘を吐いているので
お詫びに描き下ろし。
らぶぽんさん。

危険で可愛らしい美少女は魅力的ですね。
でも身近には居てほしくないような。
次回の らぶぽんさん過去回も楽しみです。


そして 卑しく広告を貼る。

最終回を観た後では
誰も買わないだろうけど。


2016-05-07 15:03:10投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』、『アイカツスターズ』、『マクロスΔ』 ほか

『プリパラ』
第93話 「ジュルルの大冒険」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

らぁらちゃんが ジュルルの事を
(のんちゃん以外の) 誰にも話さないという
まどろっこしい展開が 本当にイヤ。

尺を長く取る為の引っ張り具合で言ってもそうだし、
仲間を信用して さっさと話せば済むのに
そうしない もどかしさも鬱陶しい。
そんな程度の信頼関係だったのかと非常に残念に思う。
相談する機会なんて いくらでも あるのに。

今回の93話の
ジュルルを巡る “ただの追っ掛け” もなんだけど、
どうにも こうにも お話しが つまらない。

キャラクターが可愛いというだけでは寂し過ぎる。

ところで、じゅのんちゃん。
なかなか可愛いな。(ズコー

でも歌詞の
「いま アイ アイ アイドル ミラクル起こそ!」 ってのが
「いま アイ アイ アイドル ミラクル男!」 に聴こえて、
初めは 何だそりゃ?状態だったけどね。

薩摩次郎は ミラクルマン。

ぴのんちゃんの歌い方のが
聴き取り易いね、おっさんには。



『アイカツスターズ』
第4話 「いつだって100%!」
http://www.aikatsu.net/story/004.html

別に悪くはないんだけど良くもない。

まだ新シリーズが始まったばかりで 手探りなんだろうけど、
優等生がゆえの面白みの無さが 息苦しい 堅苦しい。
早くスターズらしさを掴められれば良いのにね。

キャラクターは慣れてきたのか 可愛く見えてきました。
今のところ、特に この子が良い!って子は居ないけどね。



『ヴァンガードG ストライドゲート編』
第28話 「明神リューズ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/index2.html

明神リューズの
小学生低学年バージョンが 実に可愛い。
特に声。
トコハちゃんの出番が減りつつある今、
あの声を聴くのを目的で見続けています。

しかし 過去作のキャラクター達ばかりが物語を動かして、
クロノが言うように 今の主人公たちが蚊帳の外で
右も左も分からないって展開は
トライスリーじゃなくても つまらない。



『デュエル・マスターズVSRF』
第5話
「生徒会長は誰だっ!? アツかりしオレのファイナル革命っ!」
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

久し振りに レオ、奈巳くん、委員会たちが登場。
あの頃の 『デュエマ』 は楽しかったなぁ・・・と
(個人的な感想で) しみじみ。

あと、希望としては、デュエルの盛り上げ所で
あの頃のオープニングやエンディングを流して欲しかった。



『マクロスΔ』
第5話 「月光 ダンシング」
http://macross.jp/delta/story/?id=6

フレイアちゃんが とんでもなく可愛らしい。

ハヤテとの夜間飛行デートでさえ可愛くて、おっさん涙目。
はい、描き下ろし。


ワルキューレのメンバーは みんな可愛いね。

個人的に、
美雲さんには スパイだとか裏がある人物じゃなしに、
普通に 3人くらいの子供の お母さんであって欲しいです。


たまには広告を貼る。
毎月毎月 Amazonさんが
売り上げが無いって嫌味を言ってくるので。
ちなみに 私はアニメイトで買うつもり。(笑)


2016-05-05 22:53:05投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『迷家』 第4話

『迷家』
第4話 「よっつんの川流れ」
http://mayoiga.tv/story/episode_04.php

藤子不二雄先生の 『街がいた!!』
(街そのものが意思を持ち、移動している) の
線も考えられる。

また、GENさんが予想するように
皆が皆、全員、その正体は妖怪だったという説も
あながち否定できない。
ついでにGENさんの別の説によると、
光宗が見た巨大ペンギンは
“事故で飛ばされた光宗本人の生首” なんだそうな。
自分の首が飛んだショックによって
記憶が混乱しているとか。
何て物騒な想像なんだ!

まぁ、そんな感じで
それぞれ色んな妄想を楽しんでいる(?) 『迷家』 。

本編のアニメは 幻覚が前面に押し出されてきて
正統に考察するには
虚構と事実の見分けが難しくなってきてしまったので、
ここは謎の解明は 一旦 やめて、趣向を変え、
自分だったら どんなオチにするか?を考える事にしてみた。

と言う訳で・・・。


実は ニック・Q、古いSF作品が好きなので
『惑星ソラリス』、『禁断の惑星』、『宇宙船ペペペペラン』 を
足して 7で割った様なネタを考えてみました。

さて。

先ず、自作ネタバレから言うと。

真咲と運転手の男、その2人以外は 皆 クローン人間。
舞台は人類が移住しようとしている
地球から遥か遠く離れた銀河系に在る 森の惑星。

その星では (悪意は無いのだろうが) 余所から来た生き物に
幻覚や幻聴を見聞きさせてしまう不可思議な現象が起きる。
更に 生き物の記憶を実体化するという問題点もあった。

その為、移住計画組織のメンバーや科学者、
一般人からなる 15組の男女カップル
(ちなみに 真咲のパートナーは光宗である) は
その星に来訪こそしたものの、
そういった事象による激しいストレスと疑心暗鬼により
真咲だけを残し 全滅してしまう。

国家プロジェクトチームは事態の究明と打開を画策し、
真咲と、彼女以外のクローン 29人を使って
一連の事件の再現テストを現地に於いて幾度か行なう。

深い森林の惑星に地球人が設けているのは
上陸用宇宙艇の小さな発着場のみ。
その他は 全て誰かの心を読み取り 具現化されたもので
実体こそあるものの 偽りの風景である。
しかし その事実を知っているのは
真咲と上陸艇パイロットの男だけ。

そして クローン達は真咲の前で
悲しいくらいに 毎回 同じ会話を繰り返し、
毎回 同じ末路を辿る。

但し 今回はクローンの記憶を 一部 改編し、
カップルだった者も互いに見知らぬ者同士だと
それぞれの人間関係のメモリーを変更し、
現象の差異を見極めるのも 目的の ひとつとなっている。

かくして、7期目の現地調査と検証実験が始まった・・・。


~まぁ、私の想像できる範囲では
そんなもんです。

どうしても突飛な方向で考えてしまうのよ。


2016-05-02 20:28:53投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『迷家』 第3話

『迷家』
第3話 「傍若無人」
http://mayoiga.tv/story/episode_03.php

いろいろ楽しんでます。

GENさんは、“村そのもの” が
時間を旅する存在だという、
タイムリープ物だと予想しているそうだ。

その説を私が考察してみよう。
確かに、田舎である事を差し引いても
余りにも 昭和臭に溢れ過ぎている。
郵便ポストも 旧型だし、
公衆電話ボックスも 家庭用黒電話も ダイヤルだ。
村=家そのものが時間の迷い子なのかもね。
家の朽ち方にも差が見受けられるし。

また、その説を踏まえて、いや、
その説とは別に、改めて観直してみると、
2話のBパートの真咲ちゃんの口パクは
「タイム・・・」 と言っている様に見える。
あのシーンで彼女は
村の時間を何らかの形で
操作した可能性も捨て切れない。
つまり、真咲ちゃん自身が
時間を操る超能力の持ち主
(または一族) なのかも知れない。

それを暗示していたのが
1話のバスケットボールの爆弾のタイマー。
更に あの描写から
光宗は他人の能力を読み取る力があると予想できる。

要するに
登場人物の何人か、或いは 皆が 皆、
特殊な超能力者っていうSFなのかもね。
きっと誰か・・・
宇宙人か、地底人か、海底人か、
未来人か、異世界人か、
何かしらの実験の仕掛人なんだろう。



さて、ここからはニック・Qの新説。

タイトルをローマ字に興すと 「M A Y O I G A」。
この文字配列に見覚えは ないだろうか?
「M A G O W A Y A S A S I I 」
そう、「マゴワヤサシイ」 だ。
(我ながら強引すぎて泣けてきた

これは
「マメ・ゴマ・ワカメ・ヤサイ・サカナ・シイタケ・イモ」 の
健康の為に大切にしたい 7つの基本 (七基、ななき) の
和食材の頭文字を並べたもの事である。

ではバスツアーに参加した面々は
食べ物の擬人化なのだろうか?

いや。 違う。

それとは真逆に、実は、見るからに危険分子な彼らは
アレルギーの原因物質の擬人化であり、
また同時に、その危険性で自分達 互いを痛み付けており、
作品世界そのものが自虐的な世界観なのである。

個人によっては非常に危険な存在。
つまり、その注意喚起の為の
アニメーション作品だったというのが
私の突き止めた真相である。
(それにしても 回りくど過ぎるが

そして、それを念頭に考察を進めると、
納鳴村は まさしく人間の五臓六腑を表している
という結論が自然に導き出される。
要するに、
村への入り口の橋が 人体への口と箸、
道は血管、川は胃腸・・・というわけだ。

そして、最初に流れていったのがラッパー、
お腹のラッパ、すなわち “屁” であり、
同時に “下痢” の症状でもある。
故に あんな急激な速度で流れていったのだ。
(ここは プゥ子なら もっと説得力があったであろう)

しかもストレスからくる幻覚、幻聴の危険性も
作品内では描かれている。

更に突き詰めていくと、各々の登場人物の名前が
原因のものに関する名称のモジリやスラング、
連想や ダジャレ (とほほほ)、それに加えて
行動パターンや性格だというのが透けて見えてくる。
例えば、
ダーハラ = 腹だー
こはるん = 村(体)に入って “来(き)はるん?” の音読変更
2人のツアー企画者の 「腹だー、来はるん?」 に始まり、
以下、参加者は原因物質となる。
光宗 = やまいも、バナナ、まつたけ
マイマイ = 貝 = あわび
ソイラテ = 大豆
らぶぽん = 柑橘類 = オレンジ
わんこ = そば
鳥安 = 鶏肉
氷結のジャッジネス = お酒 = イネ、鮭
熱帯夜 = 牡蠣、マンゴー、クリ
スピードスター = いかにもイカ
よっつん = バナナ、まつたけ
ドザえもん = 太い = 豚肉
ニャンタ = 猫
ぴーたん = 卵
なぁな = 歌手 = カシューナッツ
リオン = lion = ライオンフィッシュ = ミノカサゴ
まんべ = オシャ・マンベ = 由利徹 = ユリ
等など・・・。 あとは思い付かん、考えてくれ!

と言う訳で、最終回のラスト3分ほどは、
「お年寄りが “まぁ~良いがぁ~” と
食べてしまわないように気を付けて下さい」 と、
いきなり医療、食品関係の講義で締める
・・・と予想するのだが、
らぶぽんは このアレルギー原因の擬人化って
ニック・Qの説を どう思う?



つまんない長文の読了、お疲れ様でした。
On-nanoko ni KOMAWARI-KUN no
monomane wa kawaisou desho?

いずれにしても、
こういう作品は色々と考察や想像できる今が
一番 楽しい時期なんだろうな。

フタを開いたら、
視聴者たち (ワシの仮説は もちろん除いても) の
予測の方が面白かったりするものだし。
あ、言っちゃった!


2016-04-27 19:42:59投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

2016 春の新番組 『マクロスΔ』、『迷家』 ほか

 『アイカツスターズ!』
第1話 「ゆめのはじまり」
http://www.aikatsu.net/story/001.html

掴みとしては まずまずの出だしではないでしょうか。
可もなく不可もなく・・・ではなく、
個人的には ややプラス寄り。
相変わらず ライブの魅力は薄いですが。

それと サブタイトルを読み上げる形式に変わりました。
つまり より低年齢層向けになったと 私は認識しました。



 『デュエル・マスターズVSRF』
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

CGの可愛さも手伝って 全体的に楽しかったです。

ハコちゃんも いずれ登場するのかな?
出てきてほしいような 出てきてほしくないような。



 『12歳。』
第1話 「キス・キライ・スキ」
http://www.shogakukan.co.jp/pr/12sai/index.html#animeTitle

12歳なんて 子供に決まってるじゃん!
大人っていうのは体を言うんじゃないよ。
心の成長を言うんだよ。
その証拠に 4倍も生きてる私が子供のままでしょう?
ほっとけ!

さて、そんな感じで 『12歳。』。
こういった作品は 正直に言って、
子供には見せたくないという気持ち。

肉欲から始まる男女関係に どうしても違和感。
まぁ 少女漫画ってのは
そういうものなのかも知れませんが、
心が子供のまんまの おっさんから見たら
こんな男女の関係は 汚くて仕方がない。

漫画としても、キスをするっていう絵面は
愛情表現として描き易いのでしょうが。
私は やっぱり 田渕由美子さんの頃の
漫画くらいが丁度いいです。

それと イマドキの小学生は
あんなにも 性に開けっ広げなの?
おっさんの頃は、
誰が誰を好きかがバレただけで
大事件で大騒動やったのに。


あと第1話の感想としては、
エンディング後の Cパートは
第2話に持って行った方が良いよ。
生理中なのに銭湯に行ったみたいに見えて
これまた違和感。



 『マクロスΔ』
http://macross.jp/delta/story/?id=1

主人公らしき 方言喋りの女の子
フレイアちゃんが、実に 猛烈に可愛らしい!
この女の子を観ていたいから視聴を継続します。
はいな!

それとワルキューレの歌も演出も カッコイイな。
ちょっとCDが欲しい。
ああいう曲は
私には なかなか書けそうにないので 余計に。


どうでもいけど、ニック・Q、
マクロスシリーズは 『フロンティア』 しか知らないのね、
あんまり観たくない気持ちも一方にあって。
メジャーなアニメだっていうのも、多少あったりして。

実は、最初の 『マクロス』 は
日曜日の お昼に放送してたでしょ。
それが理由で 遊びに行かない奴らが増えてね。
だから アニメファンじゃなかった ワタクシにゃ
『マクロス』 には良いイメージがないのじゃよ。
まぁ、言いがかりの逆恨みってやつやね。



 『迷家 ‐マヨイガ‐』
http://mayoiga.tv/

まだ 2話までしか観てないんだけど、
勝手に想像して推理。


実は、ツアー参加者 (+アルファ) ら は
全員 これまでに 何らかの形で
人を殺した事がある 加害者側の連中。

根っからの殺人凶であったり、
他人にバレないように殺していたり、
意図しない事故であったり。

しかし 未成年だったり、
証拠不十分だったりで
罪に問われなかった。

だから その被害者たちに近しい人々が
復讐の為にツアーを実行した。

ちなみに 最初に この復讐計画を企画したのは、
現在は バス運転手をしている 元・刑事の男。
彼もまた 娘を未成年者に殺された過去があるが、
“今回の” ツアーには その犯人は居ない。

最後は 「被害者の会」 の思惑通りに
殺人者らは お互いに疑心暗鬼に陥って全滅。

被害者の遺族たちは口々に
こう言いながら 村を あとにするのだった。
「これで 息子の無念も晴らせました・・・」
「私の父も 成仏できます・・・」

~まぁ、私の想像できる範囲では
そんなもんです。


ついでに 私が思うに、
公式ホームページの各キャラクター紹介は、
“作品内での ネット上” の プロフィールなので
年齢・職業などなど 鵜呑みにしないように。


あと 考えたのは、
ツアー参加者たちは 実は 全員
いろんな星から来た宇宙人に 身体を乗っ取られた人類。

宇宙人は、恐怖を感じた地球人の肉体から
抜け出す事が出来るのだ。

本来の記憶と形態を取り戻した宇宙人らは会議を開き、
地球侵略を実行に移す決議を出す。
物語は そこで終わる。

~まぁ、私の想像できる範囲では
そんなもんです。


あ、そうだ。
1話で いきなり 「ヒポポタマスの うた」 を歌い出して
ちょっと ビックリしたよ。
ホント、ああいうのは イマドキのネット文化って感じる。
いや、別に悪いって言ってるんじゃないのよ。

あの歌、詳しく知らない人も居そうなので
ちょっとだけ 触れてみようか。

正式名称は 「ヒポポタマス」。

写真は ウチにあるLPレコードから。

『ひらけ!ポンキッキ』 の 中で流れていた
のこいのこさんが歌う、1分40秒ほどの短めの歌。
作詞は 三輪道彦さん、作編曲は 小山田暁さん。
名曲 「カンフーレディー」 コンビですね。
お三方の作品としては 「もものハート」 も素晴らしいです。

どんな映像だったかと言うと、こんな感じ。

白黒反転の線画アニメ。 (他のパターンも あるかも?)
描き下ろしした 上の うろ覚えイラストみたいに
「とっても重くなり~」 で ヒポポタマスくんが 重たくなって
ベッドが壊れるという ギャグも入る。
もちろん、病気が重くなるって 歌詞なんだけど
何故か ここだけは笑いの要素が盛り込まれていた。
・・・と記憶している。



 『レッドマン』
https://www.youtube.com/watch?v=DUp1zim_GqQ&list=PLwDaeL3aOb-x8wxSdbJvG0zOPGYLGz0tD

円谷プロダクション公式チャンネルから
配信が開始されました。

あぁ。
昔から思ってたんだけどさ、レッドマンって
三ツ木清隆さん (光速エスパーの人) に似てない?

ところで。
何を隠そう ニック・Qは
リアルタイム視聴世代なんだけど、
『おはよう!こどもショー』 は観ていたのに
『レッドマン』 は ほとんど全く覚えてないんだな。

『ゴッドマン』 は 何とな~く覚えてて、
『グリーンマン』 は
暗い地下洞窟での 魔王とトンチキの会話シーンが
怖くて怖くて 何度も悪夢を見たくらいなんだけど。
あと 『牛若小太郎』 も よく覚えてる。
なので、『レッドマン』 は記憶に無いのは
そういう幼い年齢だったんだろうな。


でも、スタジオ録りのコーナーで、
低い壁を迷路みたいに進む
視聴者参加らしきゲームは よく覚えてる。
参加したかったから。

通路に怪獣が居て 通行の邪魔をしたり、
四隅には休憩できるスペースがあるんだけど
ある程度 休んでるとサイレンが回って
そこから出ていかないと駄目で。

こんな雰囲気。
何か薄暗い室内だったと記憶している。

けど、ゴールしたら
何が良い事が待っていたのか
全く記憶に無い。
ゴールそのものに魅力が無かったのか、
はたまた ゲーム自体が楽しかったのか。

・・・ここまで書いてて何だけど、もしかして、
こどもショーじゃなかった可能性もあるかも?



と言う訳で、今回は いつもにも増して
ハッキリしない思い出だらけの おっさん臭いネタ満載で、
次回に つづく!

ギックリ腰が 物凄く痛いです・・・。


2016-04-18 19:41:29投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
383件中   46 - 50 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...