ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

あの『ラブ米』が ついに最終回。 にこまるくんに会えなくなるのかと思うと とても寂しいです。 https://t.co/5YUXnWUXX6 #ラブ米 https://t.co/dSB32l71Cj
6日前

#プリパラ アイドルタイムプリパラ 11話 12話 レオナちゃん #ラブ米 にこまる #アンパンマン シロップちゃん  https://t.co/xz5B8sXl06
7日前

今日の読売テレビの『それいけ!アンパンマン』は「ちびぞうくんとホットケーキマン」の回でした。シロップちゃんは相変わらず可愛いです。今回の不機嫌そうな顔も実にキュート! #アンパンマン https://t.co/EDtzbMCGfX
8日前

お米! お米は助かる。 https://t.co/eLr2b1Q1EK
9日前

実に飯稲(い~ね)! 『ラブ米』がGYAO!で一挙配信中だと知りまし田(た)。 途中からの視聴だったので、これは明るい農村からの便りって感じ。 19日に終了みたいだから、春の晩飯あと三里とはならない せわしなさだけど仕方ある米(ま… https://t.co/c5D5wkTpwB
10日前

383件中   11 - 15 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

『プリパラ』 140話、『デュエマVSRF』 51話 ほか

ここ数週間は 最終回が いっぱいだね。
しかも、その幾つかは長期放送していた作品なので
余計に寂しいです。



 『プリパラ』
第140話 (最終回)
「み~んな トモダチ! ず~っと トモダチ!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

この3年間の やり残しが無いように
出来る限りの伏線回収などを盛り込んだ、
まさにプリパラファンの為の最終回でした。


次に会う時は
もう今のレオナちゃんじゃなくなってるかもね・・・。
それでも 愛し続けるけど。 色んな涙を流しながら。

シオンちゃんも旅立っちゃったね。
母上殿にも会いに行くのかしら?
(登場しないだけで 普通に家に居たりして)

そして、ファルルだけじゃなく
ガァルルにも現実世界に来て欲しかったので
この流れは とても嬉しかったです。

パクトの中に入れたのかな?
一緒に 給食を食べているシーンも観たかったね。

但し。
こういうカットは本当に嫌だった。 実に不愉快。

みんな一緒の集団の中に居るのに、わざわざ
こんな2ショットにする必要はないんじゃないかな?
↓ こういう方が自然でしょう?

このカットさえ無ければ
おしまい記念の最終巻だからDVDを買ったのに。
たった1つの画で 売り上げを 1枚 減らしちゃったね。

鳥のフンが当たった!
ドロシー! すぐに宝くじを買いに行くんだ!

姫路駅前じゃ 日常茶飯事だけどね。
(あー・・・ 今は どうなんだろ?)

と言う訳で、
『プリパラ』 アニメは一区切り付けて、

おしもぁい!

次回 (来週) からは
『アイドルタイム プリパラ』 が 始まるよ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/



 『デュエル・マスターズVSRF』
第51話 (最終話)
「主役はオレだっ! 切札勝太VS切札ジョーっ!」
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

こちらも 実に素晴らしい最終回でした。

メタ発言な面を除いたとしても
理想的な主役交代劇だったと思います。

でも、ハコちゃんには
ちょっとだけ会いたかったね。



 『アイドル事変』
第12話(最終回) 「なんてったってアイドル議員」
http://idoljihen.jp/anime/episode/ep12/

何だかんだで 終わりまで観てしまいました。
しかも、そこそこ楽しんで。

馬鹿さと 真面目さと 毒っ気との加減が
ほど良く配分された佳作でした。
ベタベタな展開も多かったけど
それも また嬉しかったりして。

この最終回で
あれだけアイドル議員を否定していた総理大臣が
彼女たちの歌に合わせて密かにリズムを取っていました。
あれこそが この作品の全てだと思うのは言い過ぎかな?

そんな彼も 4話でアイドルの水着写真に
「よいね♥」 を入れたような人物なので
嫌いにはなれなかったし、
所詮、おっさんは美少女が好きよね。
(一部の人を除いて)

おっさんと言えば、このアニメ、
美少女よりも おっさん連中の方が
安定して良い作画だったね。

ちなみに、毎回 オープニングもエンディングも
飛ばさずに観ていました。
1枚に収まっていたら CDを買ったのに。
欲を かくと、かえって損する例だわね。


ちなみに
ニック・Qが好きなアイドル議員は
歌って踊れる座敷わらし・木谷るるちゃんです。
http://idoljihen.jp/anime/character/kitani-ruru/
こんなに可愛い娘が立候補したら
公約とか関係無しに投票しちゃうよねぇ。
え~と・・・ るるちゃんの公約は・・・
「毎週、月曜日は国民の休日にします」、だって。
やめや! 忙しなるやろ!



 『フューチャーカード バディファイトDDD』
第51話 (最終回)
「バイバイ! バル、永遠の別れ!!」
http://tv-aichi.co.jp/fc-buddyfightDDD/episodes/51.html

こちらも少年漫画の理想的な終わり方って感じで
とてもとても良かったです。

それほど好きでもないはずだったバルなんだけど、
お別れでは泣いちゃったよ。

遥か未来で出会えたバディが
未門家の血を引いた子供らしいのも また泣ける。
キリくんなら バルと再会できたのかな?

しかし1万年っていう未来が遠いって感じるんだから
オンカロの10万年ってのは とんでもない時間なんだな。
http://nick-q.syncl.jp/?p=diary&di=631286

はい、描き下ろしは
いつか再びメイン回があればと
8ヶ月も前に既に出来上がっていた
ブレザーフリルちゃん。

そのスクール水着バージョン。
50話では まさかの台詞有り。

僕も バディは美少女が いいなー。

でも実は
兼ねてから気にしていたのは
牙王くんのクラスメイトの女の子。
名前は不明だけど、
設定資料を見たところ キヨミちゃん(?)みたいね。

おっちゃんは この娘と仲良くなりたいです。

あ、そうだ。
ソフィアは 結局 出なかったね。



 『カードファイト!! ヴァンガードG NEXT』
第25話 「終幕のカオス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

いや、しつこいけどさ、
ノアくんは女の子だよね?
乃愛ちゃんとか、望愛ちゃんとか。
未だに気になる。

しかし、これまた しつこいけど、
過去キャラばかり出してくるのは止めてくれないかな。
このアニメって そんなに ずっと ずっと ずっと ずーっと
テコ入れしなくちゃいけないくらい人気無いの?



 『BanG Dream! (バンドリ!)』
第9話 「バイトしちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

こういう お話し、かなり好きです。

表立って見えない裏方の支え、準備中の高揚感、
人に感動を伝える者の心構え、
それらが 様々なドキドキわくわくを思い出すよ。

だから、もしかしたら、
創作の苦労と楽しさを知っている人なら
この回は より一層 面白く見られたかもね。





・・・とりあえず今日は ここまで。

眠い。

ではまた。


2017-03-29 22:48:14投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 139話、『アイカツスターズ!』 47話

 『プリパラ』
第139話 「愛フレンド友」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

何だか とても80年代なサブタイトル。
懐かしいセンスである。

はい。
1期のファルル復活と同じ様な流れでしたが、
まぁ、良かったんじゃないでしょうか。
(この曖昧な感想で察して下さい)

と言うか、もう やり尽くしちゃったのかな?
まだまだ色々と出来そうなんだけどなぁ。

4期では システム異常の話しは もう要らないよ。
出来ればアイドルの勝ち負けの話しも要らない。
不満は有っても結局は観続けるんだけど。

でも 正直に言うと、観るのが ちょっと しんどい。
いや、しんどくなりそう。
ここまで来たら最後まで見届けるつもりだけど。







メドレーで 各チームの歌の一部を挟み込むのなら、
それが見事に ひとつの繋がった歌詞になれば
もっと素敵になったのにね。

あの歌の あそこ一節と、その歌の そこ一節と、
この歌の ここ一節が 一本の線で結び付いて
アイドルと友情の賛歌になっていた!
・・・なんて、その方がカッコイイじゃない。

プロには それくらいの仕事をしてもらいたい。
正直なところ、取って付けた感じで
個人的には余り感動できなかったです。


それから、触れたくもないんだけど
無視するのも いやらしいので。


あーあ。


あーあ。


あーあ。

笑われるだろうけど、オッサンのくせに泣きそう。

天が泣いたら 雨になる
山が泣くときゃ 水が出る
俺が泣いても なんにも出ない

本当、嫌になる。
絵を描く気力が消えてしまいそう・・・。



 『アイカツスターズ!』
第47話 「香澄姉妹、対決!」
http://www.aikatsu.net/story/047.html

いや、別に フツーに良い お話しで
特に言いたい事がある訳でもないんだけど。

ただ、密かに応援している
桃井こころちゃんが
美組の3位だったのが嬉しくて。

はい、18日(土)に描いてた
桃井こころちゃん。

未だに格言風なのは、単純に描き易いからです。





ほな。 また今度ね。

あーあ。 元気が無いわ。


2017-03-21 23:24:33投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 138話、『バンドリ!』 8話

『プリパラ』
第138話 「誕生!? 神アイドル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

これまでのモヤモヤを晴らすかのように素敵な回でした。
実に素晴らしい。





・・・もう4期は要らないんじゃないかな?





『BanG Dream! (バンドリ!)』
第8話 「走っちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

今回の話しで、
つまり、さーや周りを どういう風に処遇するか?で
この作品が良作なのか、駄作なのかの分かれ道と考え、
それなりの厳しい目で観ました。

ハッキリ言いますと、
さーやが過去に所属していたバンドの後始末の件も、
彼女の母親の病気の件も、
“女の子を泣かせる” という安直な演出処理の仕方で
視聴者を煙に巻いた様に見えました。

しかし。
ニック・Qには それが実に眩しい。

年寄りの私は
彼女たちの笑顔と涙で 全てを許してしまったよ。
美少女の輝きに勝る武器なし。
このオッサンはダメだ!と笑っておくれ。

だが 見たまえ、
ドラムの前に座った さーやの煌めきを。
スネアを打つ音が響いた時の
香澄、りみりん、おたえ、ありさたちメンバーの
心の揺らめきを。
あれこそが音楽の持つ最大の魅力なのだ。

ちなみに ニック・Qはソロ活動です。
https://www.youtube.com/user/NQJ378
わしも楽器を習おうかな?

先ずは さーや。
居たい場所に居られるようになって良かったね。


但し、次回は お休みで
声優さんのライブが入るみたいなんだけど、
アニメにしか興味がないので そういう構成は気に入らない。

これ、おそらくはアニメ制作が間に合わないんじゃなくて、
初めから このタイミングで
声優さんライブを挟むつもりだったんだろう。
責任者出てこい! アニメを何だと思ってるんだ!
そんなの いくらゴリ押ししても そっちには興味ないからな!

オッサンは すぐに泣いたり笑ったり怒ったりするから怖い。


ローソンで クリアファイルを貰ってきました。
http://www.lawson.co.jp/campaign/bgd2/


その裏面。

コンビニのカップラーメンって高いなぁ。





『双子の魔法使いリコとグリ』
http://www.pocky.jp/licogli/index.html
突然 何かしてるな、これ。
やっぱり売れてるのかしら?

はい、今回は、また いきなり
お菓子2個でメッセージボードが貰える
キャンペーンをしていました。

このサイン、
やっぱり 「リコ」 or 「LICO」 って書いてるのよね?
どこが どうなってるか分かる?
魔法界の文字なのかしら? ウルトラサインみたいに。

んで、
アーモンドピークって箱入りチョコレートに入っていた
紙製カードは こんな感じ。 (1箱1枚入り、全45種)
美少女! ・・・え~と ・・・まさか男ちゃうよね?

リコちゃんが出るまで頑張る?


2017-03-14 21:02:04投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと

『プリパラ』 137話

『プリパラ』
第137話 「決戦!神アイドル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html









という訳で、
優勝したのは ソラミスマイルでした。
(画像は ドレッシングパフェのみですが)

特に 感想は無いです。

と言うか、語り始めたら愚痴にしかならないので。
いや、別に気に入らないんじゃなくて
何だか色々と煮え切らなくて。 おっと、ここまで。


この差 3mmの正体は
女神ジュリィの えこひいき票だろう!?
とぼけるな! 証拠は挙がってるんだ!
3mm・・・、3ミリメートル・・・、
ミリメートルが3・・・、mメートルが3・・・、メートルが3つ、
メがミ・・・めがみ・・・女神。 それ見ろ!
引きが長いくせに つまらん。


次回、ソラミスマイルとの対決に 女神3人組が降臨。
ついに現れた3人目の女神、その名も ジョアンミ。
果実と芸術を司る神にして、
現在は人間界で美術教師として・・・
それくらいの何かがないと 全然 盛り上がらない。

だから愚痴るなってんだろ!
だいたい そんなので盛り上がらへんわ!

じゃ、こんなのは?

神アイドルになった ソラミスマイルの3人が
女神から 神ティアラと
神ウェーブの ヘアスタイル カツラを貰うの。
んで、
これから死ぬまで そのヅラは 被ったまま取れなくなるの。
え? ダメ?
分かってるよ。



先週分の らいぶろを。

ジャマじゃ! のけや!


切ない。 泣けてくるよ。







昨日の朝、
目が覚めた時に夢うつつで ふと思ったんだけど、
レオナちゃんの ダンプリ行きは認めても良いかな?って。

現実に好きになった人でも、いくら愛していても
全てが こちらの思い通りになるんじゃないんだから、
ましてやアニメの中の登場人物ならば なおさら。

レオナちゃんを愛しているのなら
成長と これからの人生を見守ってあげるのが
一視聴者である こちらが出来る唯一の事なのよね。

もちろん、物凄く 嫌なのは嫌なんだけどね。
だから、これが最後だから ひと言だけ言わせて。
「レオナちゃん、ダンプリに行かないで!」




2017-03-08 14:00:00投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『劇場版 プリパラ み~んなで かがやけ! キラリン☆スターライブ!』

『劇場版 プリパラ
み~んなで かがやけ! キラリン☆スターライブ!』
http://pp-movie.com/

ネタバレありです。




初日の朝一で 早速 観てきました。

GENさんはフツーに楽しかったそうです。
ニック・Qは・・・ちょっとダメだったな。
これまでの劇場版の中で 一番 出来が悪く思った。

決して つまらなくはないんだけど
テレビのライブが大画面で観られたという感動だけ。
新曲もパッとしなかったなぁ・・・。


はい。

とにかく雑な映画でした。
ストーリーが大雑把。
いや、ストーリーは無いに等しいから
話しの運び方が大雑把と言うべきか。
脚本も20分くらいで書き上げた感じ。
あらすじに関しては20秒くらいで思い付いた、みたいな。

先ず 梅干し屋さん (岡畑農園) ありきの映画で、
そこに星に関するダジャレを入れて、
それに合わせて無理矢理にアイドルを歌わせているだけ。

しかも ライブもショートバージョンが多かったイメージ。
中でも トライアングルは出せばいんでしょ?で
じゅのんちゃんの力こぶダンスもカット。


そもそも 各星の ぷちゅうじんにプリパラの素晴らしさを
広めるみたいな事を言っているのに
(おそらく そういう設定のアトラクションなのでしょうが)
ライブでアイドル達が彼らに話し掛ける訳でもなく、
それどころか観ていたのかも分からない。

全然 ぷちゅうじんとの心の交流が無くて
ただの背景でしかない。
だって、ライブ会場の お客さんは (テレビの使い回しで)
いつもの人間の、地球人のシルエットなんだから。

それに
なおちゃんと らぁらちゃんのライブも 何の感動も無い。
観ている途中から 「なんでかな?これ?」 と
考えてたんだけど、
それは ただ みれぃちゃんとの出会いを
なおちゃんに置き換えているからなだけだからなんだよ。
それこそ、
なおちゃんのダンスを見せりゃ喜ぶでしょ?ってもんで
何にも考えてない作り。
その為に利用されたプラックポールが可哀想。
いや、何よりもね、2人共が楽しそうじゃないのね。


それで今回 最もショックだったのが
エンディング後の Cパート。 

GENさんは 一発ギャグだと思って見ていたらしいけど、
毎回 劇場版では 次期アニメの新展開について
ちょっと触れるのが お約束だったんだから。

それが男子アイドル版のプリパラ、「ダンプリ」。
おそらく 『キング・オブ・プリズム』 の成功で
テレビにも それを取り入れるつもりなんだろうけど、
ハッキリ言って汚らしい。

そもそも レオナちゃんは
男アイドルとは 全く違う特殊な存在なんだよ。
男なんだけど女の子なんだよ。
(ここは解かる人だけ解かってくれれば良い)
だからプリパラに出入り出来るんだ。
そこいらの 男の娘とか 女装男子とか
オカマさんとかじゃないんだよ。

そのレオナちゃんを、今後の男アイドルを
登場させるためのネタに使ったり、
めが兄ぃと一緒くたにして
ライダースーツの胸元を開かせて
笑いのネタにしたりするのが嫌。
本当に嫌。 本当に本当に嫌。

と言う訳で、
今後 「ダンプリ」 については
ここ 幾何学庭園のブログでは 一切 触れません。
汚い。




パンフレットと アクリルキーホルダーを
記念に購入しました。


それなりに楽しめはしたけれど、
正直に言わせてもらうと
二度、三度 観るにはキツイ作品。
個人的には 何も目新しさのない映画でした。

100点満点中、10点。
アイドルソングの重低音が良かったから。
じゅうていおん、じゅうてんを、じってん、なんちゃって!
そこくらいしか良い所がなかったって事だよ。


2017-03-04 15:19:03投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
383件中   11 - 15 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...