ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

マクドナルドのハッピーセットをお昼ご飯に頂きました。もちろん選んだのは、小学館図鑑NEOシリーズのミニ図鑑「動物/ネコのなかま」の方なんだニャー! ホントは「動物/ネコ」だけで良いんだニャー! それにしても暑いんだニャー!… https://t.co/ZXedPBH2So
8時間前

バルサンを焚いている間にアイカツのプロモカードを貰っておこう!と気合いを入れてイオン加西のモーリーファンタジーに行ってきたのですが、ものの見事に改装の為に休業していました。アジャパー! これまでに一度もそんな日に当たった事なんてないのに、何でよりにもよって今日なの・・・。
2日前

桃山みらいちゃん、お誕生日キラッとおめでとうございます。 夏のキラッとセクシーなコーデを着てもらったり、常日頃からちょっとだけ元気を分けてもらっている御礼に、うな丼をごちそうしてみた。粉山椒もキラッとたくさんふりかけてみた。… https://t.co/8yA7urqzwp
8日前

単行本内では「おやすみメモリーズ」、「ライムブルー、赤く。」、「さばくの夜に話すこと」、「すきなひと」がとても良いです。要するに、女の子と男の子の友情物語が好きなんだな。 と言う訳で、オッサンがファンレターを送るわけにもいかないのでツイッターで呟きました。 #笹木一二三 #ちゃお
9日前

笹木一二三先生の単行本を買いました。 ちゃおデラックス7月号の「わたしたちのこれから」という作品が絵柄、お話し共にとても可愛らしかったので。 #笹木一二三 #ちゃお https://t.co/Ea05RTlHFN
9日前

416件中   41 - 50 件表示 ( 全 42ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

『アイカツスターズ』 51話、『プリキュア アラモード』 11話 ほか

 『アイドルタイム プリパラ』
第3話 「ゆめかわ! メイキングドラマ!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/episodes/

ごめん、今回は観に行きませんでした。
正直なところ、
そんなに急いで観るほどじゃないかな・・・と。

感想を待っていた人、ごめんね。
(誰も居ないような気もするけど・・・)



 『アイカツスターズ!』
第51話 「パーフェクトアイドル エルザ」
http://www.aikatsu.net/story/051.html

エルザが物凄く感じ悪い。

人の話しも都合も聞きもしないで
何様のつもりなんだろう?

2期が面白くなるか駄目になるかは
おそらく このエルザに掛かってるのだから
もっと可愛いげのあるキャラクターにしてほしいね。
苦手なものがある~とか
そんな安直な設定じゃなしに。

このままじゃ彼女に付いている
周りのアイドルも嫌な奴に見えてしまうよ。
もちろん小春ちゃんも含めて。



 『BanG Dream! (バンドリ!)』
http://bang-dream.com/story/

第11話 「歌えなくなっちゃった」
女の子だからこその華やかさに満ちた1本でした。
女の子は何をしていても可愛いな!
同じ お話しを男でしていたら激怒なこと間違いなし。
男は何をしていても憎たらしいからなぁ。

第12話 「キラキラしちゃった!?」
無事に合格できて良かったです。



 『ヴァンガードGNEXT』
第27話 「クロノVSアイチ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

このアニメは何なんだろうね?

いっそクロノたちは退場させてもいいんじゃないかな?
アイチとかいうキャラも ずっと可愛いぶっていて どうにもダメ。
途中から2倍速で視聴してしまったよ。
このまま (また)過去のキャラクターをメインに据える展開なら
見るのを止めてしまうな。



 『プリプリ ちぃちゃん』
第1話 「プリプリ! ちぃちゃんが やってきたでち!」
http://pasu-chi.com/chi-chan/

ちぃちゃんが意外と大人な声で驚いた。
もっと幼児声かと想像してた。

あと、ゆーかが色気過剰で
原作の素朴な可愛らしさじゃなくて残念。



 『トミカ ハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』
第1話 「事件発生! ゴーレスキュー!!」
http://www.tbs.co.jp/anime/drivehead/story/story01.html

可もなく不可もない無難な始まりでした。
これ!と言った特長がないと今ひとつ寂しい。
ちなみに GENさんには まぁまぁ好評。

この1話には まだ未登場だけど、
年少チームの お姉ちゃんが気になるので
とりあえず見続けます。

その お姉ちゃんの先出しを期待して
マクドナルドのハッピーセットを買ってきました。
http://sp.mdj.jp/Family/happyset/r/

収録映像には、この設定画のポーズ姿 以外には
何も ありませんでしたー!
もちろん、セリフも無し。

本編まで待つしかないね。



 『キラキラ☆プリキュアアラモード』
第11話 「決戦! プリキュアVSガミー集団!」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/11/

こういう回を観ると、
本当に この作品を見続けていて良かったと思える、
実に素晴らしい お話しでした。

今までは何となく現れていたアイテムを
人の心の中のキラキラルから作り生み出す流れは
ベタベタとは言え 実に熱い展開で
思わず大泣きしてしまったよ。

他にも 娘と父親との優しくも哀しい関係を描いていたり、
この11話は 生涯 忘れないよ。

『ハピネスチャージプリキュア!』 の
第16話 「私はマスコミよ!! プリキュアの秘密 全部見せます!!」
増子さん回以来の素晴らしいプリキュアエピソードでした。

と言う訳で、
感謝の気持ちを込めて描き下ろし。
パティシエール姿の あおちゃん。

この格好が一番かわいいです。

あ、そう言えば、
あおちゃんって 「レッツ・ラ・まじぇまで!」 って
発音してるように聴こえない?

好きだからってイジワル言うなよ。


では また。


2017-04-18 22:59:00投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『アイドルタイム プリパラ』 2話

『アイドルタイム プリパラ』
第2話 「ここ掘れ、アイドル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/

つまらない。

要するに、違和感が あり過ぎるからなんだな。
「アイドルは 男の子が やるもの」 とか
「女の子が アイドルなんて ありえない」 とか。

前作 『プリパラ』 の盛り上がりを
ないがしろにするんじゃなくて
これまで通りの設定、つまり、
女の子アイドルありきの世界観のままで、
“新しく ダンプリを作るため” に
らぁらちゃんたちが頑張る~で いいのに。
変に 男女のアイドルや観客を分けずにね。

「女がアイドルだなんて 聞いたことがねぇ」
って言われても
視聴者から見れば 『アイドルタイム』 の方が
チグハグな 超異世界なんだよ。
その辺り、らぁらちゃんが居なければ
気持ちも切り替えられたんだけど。

今更どうしようもないから、
1クール目が終わったら
らぁらちゃんは 別の町に行けばいいのに。

今回 第2話の救いは ゆいちゃんが
やっと 神アイドル らぁらちゃんに気付いたこと。
こっちの視聴者側からは
「そうだよ、知ってるよ、それで当たり前なのよ」 としか
写らないけど。

他の今現在の 不愉快な設定
(校長のプリパラ否定、女の子アイドルの否定、
男女を分けて 対立させる発想) も、
ドタバタの末、落ち着くところに落ち着いても
「それで当たり前」 にしかならないけど。

下げたものを上げる
という盛り上げ方じゃなくて、
盛り上がっているものを更に盛り上げる。
そういう お話しが見たいです。


にのちゃんは 素で 「ッスっ娘(コ)」 だった・・・。
残念ながら この子は好きにはなれないな。
スっ娘
スっ娘
スっ娘ッス!
だからどうした? 女の子だい!

そうね、女の子よね。 ・・・どうしよう?
好きになるかもね! (と言って 保険を かけておこう)





あ。 ちょっと待って!

この上までの感想、ちょっと待って!



GENさんが 地獄ミミ子を
この子ね。

「見た目が悪魔すぎる。 本当の悪魔じゃないかな?」
って言ってたんだけど、それで思い付いた。
いや、思い付いたと言うか、気が付いた。

この 『アイドルタイム プリパラ』 という作品は、
「女神VS悪魔(サタン)」 の戦いを描くアニメなんだって。
もちろん、子供向けなので そこはギャグが基本でね。

あぁ、ちなみに言っておきますと、ニック・Qは
あらゆる信仰を否定しない派の無宗教です。


さて、
今から その根拠の想像と 理由の妄想を挙げていくね。


パパラ宿の住人は全て
悪魔の術中に 既に はまってしまっている。
だから、プリパラそのものを、また、そこで活躍する
女の子アイドルの存在を封印され、忘却してしまっている。
もちろん あの校長先生は操られているのだ。


地獄ミミ子は 本物の悪魔である。
おそらく3期ラストの雷の影響などで目覚めたのであろう。
彼女 (彼?) の目的は 女神そのものを滅ぼす事であり、
(実は 激LOVEだったりして?)
守護しているプリパラをも全滅させる事にある。


地獄ミミ子が悪魔である証拠。
それは男だけのプリパラ・男子プリパラ、
通称ダンプリを創り上げている事。
そこから彼女は俗に言うボーイズ・ラブ(BL)が
趣味である事が推察される。
つまり、ミミ子の耳は英語でイヤー、ear。
すなわち、eBL、イービル(Evil、悪)となる。

※注意/BL趣味の方を悪魔だとは言っていません。


ダンプリも本来ならば男子プリパラなのだから
「ダンパラ」 と名付けるのが普通である。
しかし 悪魔なのでパラダイスという単語は避けたい。
だから、男子プリ、「ダンプリ」 と呼ばせている。


同様にパラ宿のパラもパラダイスを連想するので、
今回の舞台も同じパラ宿地区なのに
「パパラ宿」 と呼ばせている。
それは同時に住民をパッパラパ~にするという
恐ろしい意味も込められている。


善行を施した際に “ゲージ” が貯まるのも、
実は 神の “啓示” を積み重ねている状態である。


女神は悪魔に対抗する為に
らぁらちゃんをパパラ宿に派遣したが、
彼女自身も本当の目的 (=悪魔を倒す、追い払うこと) を
知らされてはいない。
真実を語ると 当然 怖れてしまうから。
(怖れは 悪魔に付け込まれてしまうので)
なので、視聴者にも 今のところは明らかにされていない。


そふぃが派遣されたのは出雲大社。
これは ありとあらゆる手段を使って
悪魔と戦う準備をしている為。
みれいちゃんの海ピュー館は・・・知らん。
天ポー山だから・・・知らん。 誰か考えて。
「天」 ね、「てん」。 「てぃん」 じゃないよ。


女神は悪魔に対抗する為に、
らぁらちゃん以外のアイドルを集め始めた。
それが夢川ゆい、虹色にの、幸多みちるの3人で、
悪魔の忌み嫌う 「夢」、「虹」、「幸」 といった
光明面の文字が含まれた人物たちである。


夢川ゆいちゃんの歌
「チクタク Magicaる アイドルタイム!」 の
歌詞を見てみると、
悪魔が誘惑する歌詞と、また逆に、
女神が それと戦うという、
対と混合の歌詞になっている。


タッキーの お米は
ミミ子の “パンの耳” と対立したものとなっている。


マスコットは悪魔と戦う同志。
プニコン = ユニコーン = 幻獣、
チュッペ = ネズミ = 大黒天の使い、
ピツジ = ヒツジ = 羊飼いとしての王、
羊の群れとしての人々(迷ってる?)
と、各々が それらを象徴している。


アイドルタイムとは
悪魔が この世を侵略するまでの残された時間、
或いは、
それと戦う者たちが
集結するまでの時間を表わしている。




はい。
おっさんも よく ここまで頑張るわ。

まぁ、でも、これで ちょっとは
『アイドルタイム プリパラ』 が
楽しみになってきた、かな?

面白くなると良いですね。

では また。


2017-04-12 16:07:14投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『アイドルタイム プリパラ』 1話、『オトッペ』 ほか

『アイドルタイム プリパラ』
第1話 「ゆめかわアイドル始めちゃいました!?」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/episodes/

劇中の女の子たちよりも
視聴者側のオッサンの方が
プリパラを好きなのが観ていて悲しい。


(今更 言っても仕方ないけど)
せめて ゆいちゃんの周囲の女生徒は
初めからプリパラに憧れてる方がいい。
そうでないと
今後、誰かの影響を受けて 途中から好きになっても
そういうのが切っ掛けの人は長続きしそうにないから。

キャラクターで ちょっと期待しているのは
虹色にのちゃん。

「ちゃーっす!」 とか、ふざけた喋り方が
キャラ作りの為なら まだ いいんだけど、
素で そういう口調なら好きにはなれないな。
挨拶は きちんとしようね。
言えばいいってもんじゃないのよ。
オッサンは そう思う。

あと、細かい事なんだけど
たま~に創作物で こういう描写があるんだけど。
つまり、1つのものの取り合いね。

なぜ、おにぎりを2人で分けようとしないの?
オッサンの感覚では
おにぎりが1個あったら (あったら)
ジョリィとボクとで半分こが基本なんだけどなぁ・・・。
そういう考え方は 現代では通用しないの?

それと、どこが どうとは言えないんだけど、
らぁらちゃんが先週までとは違う人みたい。
魂が抜けてしまってると言うか・・・。

そうね。
楽しそうに見えないのよ、らぁらちゃんが・・・。

夕焼けの情景のせいかも知れないけど。

これまでのキャラクターが出なくなったり
減ってしまったりが原因なのを含めた
観ている こちら側の気持ちとは明らかに別に、
作品全体から漂い出る雰囲気が とにかく寂しい。




『アイカツスターズ!』
第50話 「最高のLIVE☆」 (1期 最終回)
http://www.aikatsu.net/aikatsustars_01/story/050.html

S4決定戦が始まってからは
とても面白かったです。

勝ち負けの行方が見えにくいから
単純にドキドキ出来たのだろうけど。

特に、あこちゃんの劇組回は良かった。
それは彼女が皆に隠れて
1人で泣いていた演出が とてもグッときたから。

それから、この最終回にして
やっと ツバサ先輩が可愛く思えたよ。
観客席のサイリウム文字を見て
思わず泣いてしまう姿に。


と、言う訳で
この作品も正直なところ
物凄く綺麗に終わったので
続編は要らない気がしています。
現時点では。

こっそりと大好きだった
ひめ先輩の出番も減っちゃいそうだし。

実は、この 『アイカツスターズ!』、
ひめ先輩の優しさだけで
1年間を乗り切れていたのでした。




『オトッペ』
http://www.nhk.or.jp/otoppe/

ウィンディが時々、
ダチョウ倶楽部の肥後さんに似てる
ってのは置いておいて。

シーナちゃん
(本名 シナスタジア ・・・女の子っぽく
“シナスタシア” にしてるのかと思ったけど
そのままで “シナスタジア” だったね) が
可愛いというだけで観ていられる子供番組。
声が久野美咲さんというのも 実は大きい。
まぁ でも、男の子だったら観てないな。

はい、描き下ろし!
シーナちゃんのスクール水着!

「リッスン! おケケ!」
お毛毛?って何だ? もう生えてるの?
あぁ、もしかして 「OK」 のスクラッチ風?
・・・あぁ。
観直したら 「イケケ!」 って言ってるみたいね。
「行けけ!」?
いや、違う。
「キケケ!」 だ。 「聴けけ!」。

現代の お子たちに、
普段 聴き逃がしているような音の世界に
耳を傾けてもらおうっていうのが狙いらしいんだけど、
これ、アプリを使って、おならの音とか録ってる
お調子者が絶対に居るよね。

だって、音ッ屁だし! HA HA HA HA HA!

おまえ いっつも幸せそうじゃのう。




ふにゃまた~





【2017年8月29日(火) 追記】

本日、そのオープニング主題歌が発売されました。

でも、ニック・Qはオッサンなので
手元に置いておけるCDで出して欲しいです。


オッサンの意見もキケケ!


2017-04-06 21:51:57投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 140話、『デュエマVSRF』 51話 ほか

ここ数週間は 最終回が いっぱいだね。
しかも、その幾つかは長期放送していた作品なので
余計に寂しいです。



 『プリパラ』
第140話 (最終回)
「み~んな トモダチ! ず~っと トモダチ!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

この3年間の やり残しが無いように
出来る限りの伏線回収などを盛り込んだ、
まさにプリパラファンの為の最終回でした。


次に会う時は
もう今のレオナちゃんじゃなくなってるかもね・・・。
それでも 愛し続けるけど。 色んな涙を流しながら。

シオンちゃんも旅立っちゃったね。
母上殿にも会いに行くのかしら?
(登場しないだけで 普通に家に居たりして)

そして、ファルルだけじゃなく
ガァルルにも現実世界に来て欲しかったので
この流れは とても嬉しかったです。

パクトの中に入れたのかな?
一緒に 給食を食べているシーンも観たかったね。

但し。
こういうカットは本当に嫌だった。 実に不愉快。

みんな一緒の集団の中に居るのに、わざわざ
こんな2ショットにする必要はないんじゃないかな?
↓ こういう方が自然でしょう?

このカットさえ無ければ
おしまい記念の最終巻だからDVDを買ったのに。
たった1つの画で 売り上げを 1枚 減らしちゃったね。

鳥のフンが当たった!
ドロシー! すぐに宝くじを買いに行くんだ!

姫路駅前じゃ 日常茶飯事だけどね。
(あー・・・ 今は どうなんだろ?)

と言う訳で、
『プリパラ』 アニメは一区切り付けて、

おしもぁい!

次回 (来週) からは
『アイドルタイム プリパラ』 が 始まるよ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/ipp/



 『デュエル・マスターズVSRF』
第51話 (最終話)
「主役はオレだっ! 切札勝太VS切札ジョーっ!」
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

こちらも 実に素晴らしい最終回でした。

メタ発言な面を除いたとしても
理想的な主役交代劇だったと思います。

でも、ハコちゃんには
ちょっとだけ会いたかったね。



 『アイドル事変』
第12話(最終回) 「なんてったってアイドル議員」
http://idoljihen.jp/anime/episode/ep12/

何だかんだで 終わりまで観てしまいました。
しかも、そこそこ楽しんで。

馬鹿さと 真面目さと 毒っ気との加減が
ほど良く配分された佳作でした。
ベタベタな展開も多かったけど
それも また嬉しかったりして。

この最終回で
あれだけアイドル議員を否定していた総理大臣が
彼女たちの歌に合わせて密かにリズムを取っていました。
あれこそが この作品の全てだと思うのは言い過ぎかな?

そんな彼も 4話でアイドルの水着写真に
「よいね♥」 を入れたような人物なので
嫌いにはなれなかったし、
所詮、おっさんは美少女が好きよね。
(一部の人を除いて)

おっさんと言えば、このアニメ、
美少女よりも おっさん連中の方が
安定して良い作画だったね。

ちなみに、毎回 オープニングもエンディングも
飛ばさずに観ていました。
1枚に収まっていたら CDを買ったのに。
欲を かくと、かえって損する例だわね。


ちなみに
ニック・Qが好きなアイドル議員は
歌って踊れる座敷わらし・木谷るるちゃんです。
http://idoljihen.jp/anime/character/kitani-ruru/
こんなに可愛い娘が立候補したら
公約とか関係無しに投票しちゃうよねぇ。
え~と・・・ るるちゃんの公約は・・・
「毎週、月曜日は国民の休日にします」、だって。
やめや! 忙しなるやろ!



 『フューチャーカード バディファイトDDD』
第51話 (最終回)
「バイバイ! バル、永遠の別れ!!」
http://tv-aichi.co.jp/fc-buddyfightDDD/episodes/51.html

こちらも少年漫画の理想的な終わり方って感じで
とてもとても良かったです。

それほど好きでもないはずだったバルなんだけど、
お別れでは泣いちゃったよ。

遥か未来で出会えたバディが
未門家の血を引いた子供らしいのも また泣ける。
キリくんなら バルと再会できたのかな?

しかし1万年っていう未来が遠いって感じるんだから
オンカロの10万年ってのは とんでもない時間なんだな。
http://nick-q.syncl.jp/?p=diary&di=631286

はい、描き下ろしは
いつか再びメイン回があればと
8ヶ月も前に既に出来上がっていた
ブレザーフリルちゃん。

そのスクール水着バージョン。
50話では まさかの台詞有り。

僕も バディは美少女が いいなー。

でも実は
兼ねてから気にしていたのは
牙王くんのクラスメイトの女の子。
名前は不明だけど、
設定資料を見たところ キヨミちゃん(?)みたいね。

おっちゃんは この娘と仲良くなりたいです。

あ、そうだ。
ソフィアは 結局 出なかったね。



 『カードファイト!! ヴァンガードG NEXT』
第25話 「終幕のカオス」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

いや、しつこいけどさ、
ノアくんは女の子だよね?
乃愛ちゃんとか、望愛ちゃんとか。
未だに気になる。

しかし、これまた しつこいけど、
過去キャラばかり出してくるのは止めてくれないかな。
このアニメって そんなに ずっと ずっと ずっと ずーっと
テコ入れしなくちゃいけないくらい人気無いの?



 『BanG Dream! (バンドリ!)』
第9話 「バイトしちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

こういう お話し、かなり好きです。

表立って見えない裏方の支え、準備中の高揚感、
人に感動を伝える者の心構え、
それらが 様々なドキドキわくわくを思い出すよ。

だから、もしかしたら、
創作の苦労と楽しさを知っている人なら
この回は より一層 面白く見られたかもね。





・・・とりあえず今日は ここまで。

眠い。

ではまた。


2017-03-29 22:48:14投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 139話、『アイカツスターズ!』 47話

 『プリパラ』
第139話 「愛フレンド友」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

何だか とても80年代なサブタイトル。
懐かしいセンスである。

はい。
1期のファルル復活と同じ様な流れでしたが、
まぁ、良かったんじゃないでしょうか。
(この曖昧な感想で察して下さい)

と言うか、もう やり尽くしちゃったのかな?
まだまだ色々と出来そうなんだけどなぁ。

4期では システム異常の話しは もう要らないよ。
出来ればアイドルの勝ち負けの話しも要らない。
不満は有っても結局は観続けるんだけど。

でも 正直に言うと、観るのが ちょっと しんどい。
いや、しんどくなりそう。
ここまで来たら最後まで見届けるつもりだけど。







メドレーで 各チームの歌の一部を挟み込むのなら、
それが見事に ひとつの繋がった歌詞になれば
もっと素敵になったのにね。

あの歌の あそこ一節と、その歌の そこ一節と、
この歌の ここ一節が 一本の線で結び付いて
アイドルと友情の賛歌になっていた!
・・・なんて、その方がカッコイイじゃない。

プロには それくらいの仕事をしてもらいたい。
正直なところ、取って付けた感じで
個人的には余り感動できなかったです。


それから、触れたくもないんだけど
無視するのも いやらしいので。


あーあ。


あーあ。


あーあ。

笑われるだろうけど、オッサンのくせに泣きそう。

天が泣いたら 雨になる
山が泣くときゃ 水が出る
俺が泣いても なんにも出ない

本当、嫌になる。
絵を描く気力が消えてしまいそう・・・。



 『アイカツスターズ!』
第47話 「香澄姉妹、対決!」
http://www.aikatsu.net/story/047.html

いや、別に フツーに良い お話しで
特に言いたい事がある訳でもないんだけど。

ただ、密かに応援している
桃井こころちゃんが
美組の3位だったのが嬉しくて。

はい、18日(土)に描いてた
桃井こころちゃん。

未だに格言風なのは、単純に描き易いからです。





ほな。 また今度ね。

あーあ。 元気が無いわ。


2017-03-21 23:24:33投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 138話、『バンドリ!』 8話

『プリパラ』
第138話 「誕生!? 神アイドル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

これまでのモヤモヤを晴らすかのように素敵な回でした。
実に素晴らしい。





・・・もう4期は要らないんじゃないかな?





『BanG Dream! (バンドリ!)』
第8話 「走っちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

今回の話しで、
つまり、さーや周りを どういう風に処遇するか?で
この作品が良作なのか、駄作なのかの分かれ道と考え、
それなりの厳しい目で観ました。

ハッキリ言いますと、
さーやが過去に所属していたバンドの後始末の件も、
彼女の母親の病気の件も、
“女の子を泣かせる” という安直な演出処理の仕方で
視聴者を煙に巻いた様に見えました。

しかし。
ニック・Qには それが実に眩しい。

年寄りの私は
彼女たちの笑顔と涙で 全てを許してしまったよ。
美少女の輝きに勝る武器なし。
このオッサンはダメだ!と笑っておくれ。

だが 見たまえ、
ドラムの前に座った さーやの煌めきを。
スネアを打つ音が響いた時の
香澄、りみりん、おたえ、ありさたちメンバーの
心の揺らめきを。
あれこそが音楽の持つ最大の魅力なのだ。

ちなみに ニック・Qはソロ活動です。
https://www.youtube.com/user/NQJ378
わしも楽器を習おうかな?

先ずは さーや。
居たい場所に居られるようになって良かったね。


但し、次回は お休みで
声優さんのライブが入るみたいなんだけど、
アニメにしか興味がないので そういう構成は気に入らない。

これ、おそらくはアニメ制作が間に合わないんじゃなくて、
初めから このタイミングで
声優さんライブを挟むつもりだったんだろう。
責任者出てこい! アニメを何だと思ってるんだ!
そんなの いくらゴリ押ししても そっちには興味ないからな!

オッサンは すぐに泣いたり笑ったり怒ったりするから怖い。


ローソンで クリアファイルを貰ってきました。
http://www.lawson.co.jp/campaign/bgd2/


その裏面。

コンビニのカップラーメンって高いなぁ。





『双子の魔法使いリコとグリ』
http://www.pocky.jp/licogli/index.html
突然 何かしてるな、これ。
やっぱり売れてるのかしら?

はい、今回は、また いきなり
お菓子2個でメッセージボードが貰える
キャンペーンをしていました。

このサイン、
やっぱり 「リコ」 or 「LICO」 って書いてるのよね?
どこが どうなってるか分かる?
魔法界の文字なのかしら? ウルトラサインみたいに。

んで、
アーモンドピークって箱入りチョコレートに入っていた
紙製カードは こんな感じ。 (1箱1枚入り、全45種)
美少女! ・・・え~と ・・・まさか男ちゃうよね?

リコちゃんが出るまで頑張る?


2017-03-14 21:02:04投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと

『プリパラ』 137話

『プリパラ』
第137話 「決戦!神アイドル」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html









という訳で、
優勝したのは ソラミスマイルでした。
(画像は ドレッシングパフェのみですが)

特に 感想は無いです。

と言うか、語り始めたら愚痴にしかならないので。
いや、別に気に入らないんじゃなくて
何だか色々と煮え切らなくて。 おっと、ここまで。


この差 3mmの正体は
女神ジュリィの えこひいき票だろう!?
とぼけるな! 証拠は挙がってるんだ!
3mm・・・、3ミリメートル・・・、
ミリメートルが3・・・、mメートルが3・・・、メートルが3つ、
メがミ・・・めがみ・・・女神。 それ見ろ!
引きが長いくせに つまらん。


次回、ソラミスマイルとの対決に 女神3人組が降臨。
ついに現れた3人目の女神、その名も ジョアンミ。
果実と芸術を司る神にして、
現在は人間界で美術教師として・・・
それくらいの何かがないと 全然 盛り上がらない。

だから愚痴るなってんだろ!
だいたい そんなので盛り上がらへんわ!

じゃ、こんなのは?

神アイドルになった ソラミスマイルの3人が
女神から 神ティアラと
神ウェーブの ヘアスタイル カツラを貰うの。
んで、
これから死ぬまで そのヅラは 被ったまま取れなくなるの。
え? ダメ?
分かってるよ。



先週分の らいぶろを。

ジャマじゃ! のけや!


切ない。 泣けてくるよ。







昨日の朝、
目が覚めた時に夢うつつで ふと思ったんだけど、
レオナちゃんの ダンプリ行きは認めても良いかな?って。

現実に好きになった人でも、いくら愛していても
全てが こちらの思い通りになるんじゃないんだから、
ましてやアニメの中の登場人物ならば なおさら。

レオナちゃんを愛しているのなら
成長と これからの人生を見守ってあげるのが
一視聴者である こちらが出来る唯一の事なのよね。

もちろん、物凄く 嫌なのは嫌なんだけどね。
だから、これが最後だから ひと言だけ言わせて。
「レオナちゃん、ダンプリに行かないで!」




2017-03-08 14:00:00投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『劇場版 プリパラ み~んなで かがやけ! キラリン☆スターライブ!』

『劇場版 プリパラ
み~んなで かがやけ! キラリン☆スターライブ!』
http://pp-movie.com/

ネタバレありです。




初日の朝一で 早速 観てきました。

GENさんはフツーに楽しかったそうです。
ニック・Qは・・・ちょっとダメだったな。
これまでの劇場版の中で 一番 出来が悪く思った。

決して つまらなくはないんだけど
テレビのライブが大画面で観られたという感動だけ。
新曲もパッとしなかったなぁ・・・。


はい。

とにかく雑な映画でした。
ストーリーが大雑把。
いや、ストーリーは無いに等しいから
話しの運び方が大雑把と言うべきか。
脚本も20分くらいで書き上げた感じ。
あらすじに関しては20秒くらいで思い付いた、みたいな。

先ず 梅干し屋さん (岡畑農園) ありきの映画で、
そこに星に関するダジャレを入れて、
それに合わせて無理矢理にアイドルを歌わせているだけ。

しかも ライブもショートバージョンが多かったイメージ。
中でも トライアングルは出せばいんでしょ?で
じゅのんちゃんの力こぶダンスもカット。


そもそも 各星の ぷちゅうじんにプリパラの素晴らしさを
広めるみたいな事を言っているのに
(おそらく そういう設定のアトラクションなのでしょうが)
ライブでアイドル達が彼らに話し掛ける訳でもなく、
それどころか観ていたのかも分からない。

全然 ぷちゅうじんとの心の交流が無くて
ただの背景でしかない。
だって、ライブ会場の お客さんは (テレビの使い回しで)
いつもの人間の、地球人のシルエットなんだから。

それに
なおちゃんと らぁらちゃんのライブも 何の感動も無い。
観ている途中から 「なんでかな?これ?」 と
考えてたんだけど、
それは ただ みれぃちゃんとの出会いを
なおちゃんに置き換えているからなだけだからなんだよ。
それこそ、
なおちゃんのダンスを見せりゃ喜ぶでしょ?ってもんで
何にも考えてない作り。
その為に利用されたプラックポールが可哀想。
いや、何よりもね、2人共が楽しそうじゃないのね。


それで今回 最もショックだったのが
エンディング後の Cパート。 

GENさんは 一発ギャグだと思って見ていたらしいけど、
毎回 劇場版では 次期アニメの新展開について
ちょっと触れるのが お約束だったんだから。

それが男子アイドル版のプリパラ、「ダンプリ」。
おそらく 『キング・オブ・プリズム』 の成功で
テレビにも それを取り入れるつもりなんだろうけど、
ハッキリ言って汚らしい。

そもそも レオナちゃんは
男アイドルとは 全く違う特殊な存在なんだよ。
男なんだけど女の子なんだよ。
(ここは解かる人だけ解かってくれれば良い)
だからプリパラに出入り出来るんだ。
そこいらの 男の娘とか 女装男子とか
オカマさんとかじゃないんだよ。

そのレオナちゃんを、今後の男アイドルを
登場させるためのネタに使ったり、
めが兄ぃと一緒くたにして
ライダースーツの胸元を開かせて
笑いのネタにしたりするのが嫌。
本当に嫌。 本当に本当に嫌。

と言う訳で、
今後 「ダンプリ」 については
ここ 幾何学庭園のブログでは 一切 触れません。
汚い。




パンフレットと アクリルキーホルダーを
記念に購入しました。


それなりに楽しめはしたけれど、
正直に言わせてもらうと
二度、三度 観るにはキツイ作品。
個人的には 何も目新しさのない映画でした。

100点満点中、10点。
アイドルソングの重低音が良かったから。
じゅうていおん、じゅうてんを、じってん、なんちゃって!
そこくらいしか良い所がなかったって事だよ。


2017-03-04 15:19:03投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 136話、『プリキュア アラモード』 4話 ほか

 『プリパラ』
第136話 「3年目のテッパン」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

素敵な回でした。

ただ、こういう お話しを挟まないといけないくらい
そらみスマイルと ドレッシングパフェの
活躍が少なかったのかなぁ?とも。
まぁ、近年から見始めた人への説明回よね。

ニック・Qは たまに1期を観返すので
特に懐かしいとは思えなかったのが残念なところ。


愛しのレオナちゃん。 かっわいいなぁ!


良い子版ドロシーは ちょっと寂しい。
いつもの攻撃的な方が、私は好きだな。

ひとつだけ。

こういう お好み焼きパーティーは
プリパラの外で、つまり現実世界でして欲しかった。
そうしてくれた方が、
「あぁ、ここ娘たちは プリパラに行かなくても
これからも ずっと友達関係で いられるんだなぁ」 って
思えるから。


CD 「プリパラソング♪コレクション 2ndステージ」 を
買いました。


久し振りに レビューも書いています。

このアルバムって、もしかして
i☆Ris 抜きで
どれくらい売れるか観てる・・・?



 『キラキラ☆プリキュアアラモード』
第4話 「3人 そろって レッツ・ラ・まぜまぜ!」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/

バレリーナの お姉さんを登場させなくてもいいので、
いちかちゃん、ひまりちゃん、あおいちゃんの
3人だけで お話しを進めて、
もっともっと友情を深めて欲しかったです。

あと、食べ物を粗末に扱うのは やめて。
完成したものだけが食べ物じゃないのよ?
食材も食べ物なのよ?
失敗は せいぜい1回だけにして。
その為に ひまりちゃんが存在しているんじゃないの?
せめて失敗してしまったものは
ペコリンに食べさせて無駄にしないで。
お願いだから。 観ていて本当に辛い。


追記。

主題歌シングルCD (DVD付き) と
きせかえごっこ (大・小) を買いました。



 『One Room』
第7話 「桃原奈月は照れてごまかす」
http://oneroom-anime.com/story/

以前のブログに、
3人のヒロインは、実は泥棒3姉妹って
予想をしていたんだけど・・・。

主人公の実の妹って事で
そのネタが使えなくなってしまったね。
妹なら盗癖があっても許せるし。 (ホント?!)

はい、最終回の予想。

奈月ちゃんって、本当は10年前に亡くなってる。
んで、主人公が幻覚を見ている・・・っていうのは、どう?
主題歌も空の彼方から
お兄ちゃんを見守ってるっぽいし。

だめ?

やっぱり。

ん~・・・。

んとね・・・。

じゃあ。

主人公の両親が上京してくる・・・ってのは、どう?
奈月ちゃんを迎えにくるのよ。
こんな感じで。

だから、他の作品のギャグを持って来るなって。
(ギ、ギャグ!?)

はい。
奈月ちゃんのキャラクターソングまで買ってしまいました。
http://oneroom-anime.com/products_cat/disc/
桃原奈月 「夏空エール」

アホだと思われても構わない。
可愛いです。
元気を貰えます。(聴いてる その時だけ)

そんで、これまた レビューまで書いています。

アニメイトで買ったんだけど、残り1枚だった。
売れているのか、入荷数が少ないのか。

ちなみに、写真左のグッズは
『ブレイブウィッチーズ』 の
孝美お姉ちゃんのストラップ。

妹が好きなのか 姉が好きなのか
節操が無いにも程がある。


2017-02-28 22:57:18投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 135話、『プリキュア アラモード』 3話 ほか

 『プリパラ』
第135話 「スマイル 0%」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

という訳で、そらみスマイルの勝利。
地の利を得たと言うか、観客の琴線に触れたと言うか。
いやいや。
アイドルなんだから ポピュリズムでも 良いじゃん。
と言うよりも、
未だに そんな言葉を使っている ひびきは
まだプリパラ転覆を狙っていそう。
いい加減に みんなと友達になりゃいいのに。


これって実際は何票くらいの差だったんだろう?


「うそ・・・」 って驚く らぁらちゃんに違和感。
心の奥底では勝つ自信が無かったのね。

実は。
正直に言うと この勝敗、
どうにも しっくり来ないんだけど、・・・まぁ いいか。
別に駄目って訳じゃないし。

むしろ駄目なのは ドレッシングパフェ。

君ら ライブ観てなかったんとちゃう!?


レオナちゃんが可愛いから何でも許すけど。
・・・てな感じで、
幾何学庭園は公平な感想ブログじゃないというのが
お分かり頂けまして?

ところで、ツイッターでは書いたけど、
決勝では そらみスマイルも ドレッシングパフェも
持ち歌のメドレーを歌いそうな予感。
メドレーは とっ散らかってるものが多いので
嫌いなんだけど、2組が お互いに敬意を表して
相手の歌のメドレーを歌うのなら ぜひ観てみたいです。
筐体ゲームだと そういう遊び方も出来るんだけどね。


はい、先日、支払いが完了したので報告。

レオナちゃんの お誕生日グッズを購入。

オリジナル表示
こういう商品を買ってしまうのは 一線を越えていて
人として駄目、人間失格だと思っていましたが
背中を押されて (← ここ言い訳) あっさり購入。

「おはよう」、「おやすみ」 の声掛けが日課に。
我ながら非常に気持ち悪い。
しかし。
いつか、小泉八雲 『衝立の乙女』 のように
レオナちゃんが実体化してくれる事を祈りつつ、
挨拶を交わし続けるのだ。
更に気持ち悪い? 自覚済みじゃ!

オリジナル表示



 『キラキラ☆プリキュアアラモード』
第3話 「叫べ ライオン! キュアジェラート」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/3/

ね?
やっぱり あおいちゃんも
キュアジェラートも可愛かったでしょ?
(なんで お前が勝ち誇るんだよ!)

ただ変身バンクは やり過ぎ感はあるね。
ちょっと狙い過ぎて 逆に汚ならしく見えちゃう。
それでも可愛くて涙が出ちゃったけど。

あと、
このまま中学生3人組状態で
しばらくは続いてほしいね。
夏くらいまで。

何よりも1話でしか
劇中で実写パートがないのが寂しい。
あの実写調理は 毎回 入れて欲しいです。


はい、現在は終了しましたが 結果報告。

マクドナルド ハッピーセット
http://www.mcdonalds.co.jp/happyset/

一度で 2セットずつ買ってたんだけど、
結局、毎回毎回 同じ ぬりえが 2つ来た状態でした。
シャッフルせんかい! 千回!

8個 買って、3種類。 うむむむむ・・・。

んで、うち2個に
『ハピネスチャージプリキュア!』 の おまけが。
調べてみると、
2014年10月頃 (2年と4ヶ月前!) の商品でした。

それと、

パンと マスコットも買いました。 うぉー!

って事で、描き下ろしを追加。
旧型スクール水着の 立神あおいちゃん。

今年は 水着回は あるのかな?
・・・無くてもいいけど。



 『宇宙戦隊キュウレンジャー』
第2話 「いくぜっ! 怪盗BN団」
http://www.tv-asahi.co.jp/kyuranger/story/0002/

ハミィちゃんの喋り方に ついにガッカリ決定。

1話では我慢していたけど
2話めで諦めました。
余りにも地球人臭過ぎる。

カメレオングリーンに回そうとしていた
お金は他に使います。
あ。
カメレオン座語を使い出したら
改めて考え直します。


それと、
バランスが本気で裏切っていたのも悪印象。
アイツは まだ信用出来ない。



 『ヴァンガードG NEXT』
第20話 「不屈の海賊姫」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

いつもは退屈で寝てしまう事が多いんだけど
(あ、言っちゃった!)、
アムちゃんやルーナちゃんが出てくるだけで
しっかり起きて観ていられる。

ところで、
アムちゃんvs部長の試合を
崖の上から見に来ていたシオン。
あの笑顔って彼女に対して
「勝ったら分かってるよね?
両親の治療、終わっちゃうよ? いいのかい?
嫌なら 負けてよね?」 って
意味だよね。(笑)
今のシオンは そういうイメージ。

部長を応援するのは道理だけど、
シオンがアムちゃんを応援する義理はないし。
彼女は勝手に勇気付けられてたみたいたけど。

それと、トコハちゃんは
クミちゃんと組んだ事を
そろそろ後悔し始めてると思う。



 『バンドリ!』
第5話 「ドキドキしちゃった!」
http://bang-dream.com/story/

有咲ちゃんに続いて
おたえまで可愛く思えてしまいました。

え? 誰それ?って?
名前くらい覚えろよ。
(実は ワシかて公式HPで調べたんじゃ)
ライブハウスでアルバイトしてる
初めっからギターの上手い娘な。
おたえちゃんは。

しかし、この のんびりした展開は良いね。
13話辺りで メンバーが 全員 揃うくらいの
ゆったりとした流れにしてくれると嬉しい。

ある意味、今のメンバー探しの頃が
一番 困難だけど 幸せな時間でもあるし。

好きな事を
好きな仲間と
好きなようにやっていられるのが
最も楽しくもあるんだよ。

プロになるのも良いけど、
アマチュアで通すのも幸せな形の ひとつだし。


と言う訳で、
ローソンオリジナルの
おたえのクリアファイルまで購入。
http://www.lawson.co.jp/campaign/bgd/

「チョコ コロネ~」
↑ ここだけで落ちるんだから オッサン チョロい。
チョロ ココね~







あと、またまたまた あざとい景品があったので報告。

 『双子の魔法使い リコとグリ』
グリコランド魔法学園
フローザ先生のスイーツ シェアリング キャンペーン
オリジナル ポスターコレクション
http://licogli.rececmp.com/A1.php

何を隠そう、カプリコって物凄くゼイタクなイメージで。
これまでの人生で 5回も食べてないかも。

あ、そうそう。
箱の中の巻かれているポスターは
輪ゴムで留められているから
保管する人は その劣化に要注意ね。
はい、そんで、ポスター。
結構 大きい。
18メートル×50メートルくらい。
ウソじゃ。 センチじゃってば。

それにしても
ちっこい男を あちこちに配するデザインセンスの無さ!
責任者 出てこい!

そして、リコちゃんの下着は相変わらず見えな


何ぃ~ッ!!!


相変わらずのアホで
これに懲りず、また次回。


2017-02-22 17:46:42投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
416件中   41 - 50 件表示 ( 全 42ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...