ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、24年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

ドリームシアター タイム1弾ゆめかわ!ゆいデビュー! ぷりぱら☆ララン 歌詞 神ドレス 神ヒール 神ティアラ プリパラの終演、そして、アイドルタイムプリパラの開幕。その為の儀式。 https://t.co/OVfH49mxxu… https://t.co/rjixB0MqDq
1日前

チクタクMagicaるアイドルタイム! マジカる☆スターゆめかわコーデ スーパーアイドルタイム #プリパラ #pripara   https://t.co/Xs7yom82gj
4日前

現在 発売中の月刊コロコロコミック5月号のアンケートハガキ。8-2と8-3、ここの箇所の結果に物凄く興味があるんだけど、どこかで(例えば公式ホームページなどで)公表してもらえないでしょうか? やっぱりダメかしら? #コロコロコミック https://t.co/C9BzD4ozLX
6日前

おお! 鷹岬先生がリツイートをして下さいました! ありがとうございます!
6日前

大人が応募してもイインダヨ~ https://t.co/ZtL2Mh374Z
7日前

700件中   36 - 40 件表示 ( 全 140ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

2017 あけましておめでとうございます

新年 あけまして おめでとう ございます。

はい、レオナちゃん (と ドロシー) も ご挨拶。


と言う訳で、
2016年の最愛キャラクターに選ばれたのは、
やっぱり 『プリパラ』 の レオナちゃんでした。
3年連続ですね。

もう、しみじみと 大好き。
憧れの存在です。

そして、『プリパラ』 も 第4期目に突入の ご様子。
もしも、レオナちゃんの出番が無くなったとしても
ニック・Qは いつまでも愛しているからね!


2017年も レオナちゃんのように
心 穏やかで 優しく生きていきたいですね。


どうぞ よろしく お願いします。


2017-01-01 20:37:31投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『RWBY』 ほか

 『RWBY』
Volume 3
http://rwby.jp/season/volume3/#index00130000

Volume 2 of the Japanese versi...
めんどくさい! 日本語で行く!

えーと・・・。 今更ながら。

日本語版のDVD と Blu-ray が発売されまし、いや、
発売されていました。 今月の21日(水)頃に。

描き下ろしで、はい、ペニーちゃん。

実は まだvol.1 しか観られていません・・・。

それで DVDを買ってたんだけど 届いて愕然!

ひぃー!
ジャケットの絵が違ってた!

しかし、描き直す時間が無いので
間違えてるけど このままで。



あと、写真左。

『プリパラ』 の CDも購入。
「プリパラ ソング♪コレクション 1stステージDX」


お目当ては
トライアングルの 「かりすま~とGIRL☆Yeah!」
ガァルマゲドンの 「アメイジング・キャッスル」
の2曲。
ちなみに 「かりすま~とGIRL☆Yeah!」 の
インストゥルメンタルが無茶苦茶カッコイイ。
これだけで買う価値があるくらいに。



と、言う訳で
大掃除の合い間を縫ってブログ書き。

年内は忙し過ぎて
ブログ時間が取れそうにないので
2016年は ここまで。


ドタバタして事故など起こすなよ!

みんな、良い お年を!


2016-12-30 10:49:30投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 128話

『プリパラ』
第128話 「さよならウチャ・・・。」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

観に行ってきました。



ほとんどが追っ掛けのドタバタ劇で
取り留めもない お話しだったのですが、その反面、
“女と男の命は 決して平等ではない” という
生物学上のルール、
いや、それ以上の宇宙の真理さえをも突いた
鋭い回でもありました。
(こういう感想に いちいち本気で怒らない様に)


それと、レオナちゃん達が
ついでのオマケみたいな出演でした・・・。
まぁ、出てこないよりはマシかしら?







ペッパーちゃんは いつから冗談のつもりだったんだろうね?
一人の森の中でも 食べる気 満々な様子だったんだけど。

いずれにしても、
自分から 「食べない」 と言い出して良かった。
本当に良かった。



ところで、みんなに まだ言ってなかったね。

実は ニック・Q、
いくつかのフェチがあるのは これまでにも告白したけれど
その中に何を隠そう、“あたいフェチ” ってのがあるのだ。
つまり、一人称が 「あたい」 って女の子が大好き。

だから割とペッパーちゃんは登場当初から
お気に入りだったりしていたのでした。


と言う訳で、先週分のペッパーちゃんの らいぶろまで購入。

らいぶろ
http://pripara.jp/libro/index.html

こういうものを買い続けるバカがいるから
割高で えげつない商売は続くのだ。

だから、ほれ。
「プリパラ×らいぶろ 祝1周年キャンペーン」
※PDFファイルです。
http://pripara.jp/libro/pdf/livro_1st_anniversary.pdf

買い逃した分を買っちゃおうかな~。

な~んてな!


2016-12-27 22:09:58投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『ポッピンQ 』

『ポッピンQ 』
http://www.popin-q.com/

初日の初回で観てきました。

そこの君、「ホンマに見に行ったんか!」 とか思ったろう?
ホンマです。 観に行ってきたよ。

「こんなん誰が見るねん?」 とか言ってたけど、
予告のダンス場面に 心 鷲掴みされてね・・・。

ちなみに、
全80席、おおよそ30人くらいの方が来てました。
その中に、幼稚園くらいの子2人と その お母さん。
あとは若い男性が ほとんどでした。
予想より来場者は遥かに多かった。



映画の内容から対象年齢を考えると、
小学校3~4年生から 中学生が対象って感じかなぁ?



さて、作品の感想。

15才の女子中学生と
ポッピン族が可愛いっていうだけで
とても満足でした。 とても満足でした。


でも、もっとダンスシーンを観ていたかった。
意外と短かった印象なので。
格闘シーンを省いて 全て踊りでも良かったのでは?

逆に オープニング内で
ダンスを先に見せちゃうのは
ダメな演出な気がする。

それに 最後のダンスは
ポッピン族のマスコット達にも踊って欲しかった。
主人公たち 「5人のパワーだけじゃ足りない!」 って
事態になって、一緒に踊るっていう定番展開で。

だって、他のアニメ作品のダンスでも
マスコットと踊るっていうの余り無いでしょう?
そういうのが “見せ場”っていうやつでしょ。
或いは、せめてエンディングの隅っこで踊るとか。


もうひとつの不満点は
流れてくる歌の出所が解からないところ。

単純に
“誰かのスマホに入ってた” で充分なんだけどな。
あのファンタジーな世界なのに
聴こえてくる歌が 現代の人間世界の歌すぎるのよ。



物語は、
「思春期の悩める女の子」、
「異世界のピンチを ダンスで救う」、
そして、「卒業」。
このキーワードで想像してごらん?

それそれ。

それ。

その想像した通りの物語で正解。
全くって言っても過言じゃないくらいに
目新しい事は無いよ。

しかも、ここだけの話し、
その 「悩み」 っていうのが 実にゼイタクな悩みで。
まぁ、そりゃいいや。
彼女たちにとっては 物凄い悩みなんだろうから。
あー・・・ 「まゆ毛が短い」、とかじゃないよ。


そして 最も驚いたのが、
シャレでは片付けられそうにない
続編やる気マンマンのCパート。

主人公たち5人の女の子は
無事に卒業して高校に進学するんだけど
(敵の) 意図的にか、そこで全員が再会するのね。

それは それで素敵な展開なんだけど
そのあと 「未来を ちょっと見せてあげよう」 ってな感じで
彼女たちの その後が描かれるのよ。

これが また
恥ずかしい程に思いっ切りバトルアニメ!って様相で。
あれは本当に不必要だった。

もしかすると、メタ的ジョークのつもりなのかも知れないけど、
こういったアニメーション作品は単発ものだから良いのよ。
あれで ちょっと評価が下がっちゃったな。


おじさんは、伊純ちゃんが 一番 好きだな。
特に ぶかぶかのバイオスーツの時が。


オリジナル表示
GENさん曰く、「もっと同位体の布製グッヅを作るべき」。
どうやら ワッペンとかが欲しかったらしい。
今時の子供がワッペンを欲しがるかなぁ~???


こういう絵にも、もっとワクワク感が欲しいよね。


ワクワク


そんな感じで、
可愛い女の子のダンスで
満足の1本でした。

何回か踊りが観たいから
ソフトが安ければ買ってしまおう!


2016-12-23 13:58:39投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 127話

『プリパラ』
第127話 「グランプリは甘くないウチャ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html









ジャニスが ノンシュガーのライブに涙した事によって、
彼女も また アイドルを愛する女神であったという事実を
改めて認識した素敵な回でした。

ジャニスはジャニスで
プリパラの秩序を重んじている保守派なだけで
日々進化する革新的なアイドルたちの世界を、
そして、「み~んなアイドル」 な思想を
受け入れさえしてくれれば良いのだろうけれど・・・。



考えてみれば、
レオナちゃんがアイドルを やっていられるのも
きっと ジュリィが女神だからこそであって、
彼女以外が取り仕切っていたら
到底、いや、根本的に無理だったかも知れないね。


とても良い お話しだったので
何だかフツーの感想になっちゃった。


2016-12-21 17:48:29投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(2) nice!  あしあと
700件中   36 - 40 件表示 ( 全 140ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...