ニック・Q の 幾何学庭園

プロフィール

80年代のテクノを基本に踏まえて、
主にインストゥルメンタルの曲を作る
(売れない) 自称・音楽家です。

さて、どんな曲を作っているのかは、
「YouTube」 或いは
「My Space」 まで
お手数ではありますが お越し下さい。

なお、イラストも描いておりますので、
「pixiv」 や、
フォトギャラリーも ぜひ ご覧下さい。


ちなみに、ニック・Q は、25年ばかり前の
「なかよし まんがスクール」 から
この名前で活動をしています。

最近、同じ名前の方が あちら こちらで
数名ほど いらっしゃいますが、 実は、
その方達の ほとんどは別人なのです。
(グルメ、お酒、カフェ、スノボ、ペット、
美容、ゲーム、モバオク、家電、
iPad、iPod、出会い系、ブランド物、
ニコニコ動画には
興味が無いのであります。)

特に オリジナリティに
溢れた名前ではないので、
やむを得ないとは思っていますけど・・・。
くれぐれも お間違いなきよう、
お願い致します。

詳細 >>

なう

あの『ラブ米』が ついに最終回。 にこまるくんに会えなくなるのかと思うと とても寂しいです。 https://t.co/5YUXnWUXX6 #ラブ米 https://t.co/dSB32l71Cj
6日前

#プリパラ アイドルタイムプリパラ 11話 12話 レオナちゃん #ラブ米 にこまる #アンパンマン シロップちゃん  https://t.co/xz5B8sXl06
7日前

今日の読売テレビの『それいけ!アンパンマン』は「ちびぞうくんとホットケーキマン」の回でした。シロップちゃんは相変わらず可愛いです。今回の不機嫌そうな顔も実にキュート! #アンパンマン https://t.co/EDtzbMCGfX
8日前

お米! お米は助かる。 https://t.co/eLr2b1Q1EK
9日前

実に飯稲(い~ね)! 『ラブ米』がGYAO!で一挙配信中だと知りまし田(た)。 途中からの視聴だったので、これは明るい農村からの便りって感じ。 19日に終了みたいだから、春の晩飯あと三里とはならない せわしなさだけど仕方ある米(ま… https://t.co/c5D5wkTpwB
10日前

383件中   36 - 40 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...    

『プリパラ』、『アイカツスターズ』、『魔法つかいプリキュア』、『ヴァンガードG』、『なりあ☆がーるず』、『マクロスΔ』 ほか

 『プリパラ』
第114話 「急げ!神アイドルグランプリ!」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

紫京院ひびきが
スーパーサイリウムコーデを手に入れました。



でも実は、何を隠そう、
ひびきが コーデを貰えて ちょっと嬉しかったり。
だって、なんだかんだ言っても、腐っても少女。
虐めるのは可哀想じゃん?



9月30日(金) 追記。
「Brand New Dreamer」
真中らぁら&トライアングル、&じゅのん、&ぴのん、&かのん
現在のオープニングですね、CDを購入。

アニメイトで買ったので ブロマイド(右)も頂きました!
この曲は イントロが特にカッコイイ。 しかも、
美少女姉妹が歌っているってのが また素晴らしいのよ。



 『アイカツスターズ!』

第22話 「憧れへ続く道」
http://www.aikatsu.net/story/022.html

これまでの 『アイカツスターズ!』 の お話しで
一番 良かったです。

やっぱり少しぐらいは
悩んだり葛藤したり困ったりしてほしい。

その上で友情に助けられ、お互いに成長していく。
こういうので良いのよ、アイドル物って。

しかし、とある お店では
虹野ゆめちゃんは人気がなかった。

真剣な話し、これ 何で・・・?


第23話 「ツンドラの歌姫、降臨!」
http://www.aikatsu.net/story/023.html

リリィちゃんは
思ってたほど魅力的なキャラクターじゃなかった。
ちょっと残念。

それから、大人の眼で言うと
声は上田麗奈さんでなくてもいいよね。
役不足とでも言えばいいか・・・。

あ。
S4には リリィちゃんが
入ってたんだろうね、本来は。
でも、病弱で無理だったから
代わりに ゆずちゃんが なったんだろう。
もしかしたら ゆずちゃんが毒を盛って
リリィちゃんを施設に送ったのかも・・・。
(どれだけ ゆずちゃんを悪者だと思ってんだか)



 『魔法つかいプリキュア!』
第34話 「ドキドキ! 初恋の味はイチゴメロンパン!?」
http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/34/

実に 可愛らしい お話しでした。

まゆみちゃんが手紙を渡す場面では
オッサンも年甲斐もなく ドキドキしてしまったよ。
この失恋を乗り越えて、頑張って生きて下さい。

それと 勝木さんも素敵だったよ。
あの前向きさは見習いたいし、
彼女にも幸せになってほしいです。

加えて、その2人の友情も美しい。
女の子は カワイイな! ホントに!

こんなので喜ぶんだから
オッサンは チョロイで。

あと、
みらいちゃん、リコちゃん、はーちゃんは
相変わらず魔法を隠す気すら無くて
一体 何を考えてるんだ?状態。
もしかして この3人、アホけ?



 『ヴァンガードG ストライドゲート編』
第50話 「NEXT STAGE」 (最終回)
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

カードゲームに負けた リューズくんが
シュルシュルと赤子に返りました。
ばぁぶ! 佐竹! 迷子になったら どこで待つ?

彼は彫刻を彫っていた馬乗りのオジサンにでも
預ければ良いのに。
リューズの やり方に不満があった様子だし、
それなりに まともな大人に育ててくれるだろう。
それなりって何や?

と言う訳で、
創作物の見本のように
大団円を迎えました。

でも、最近は 特にだけど、
大罪を犯した人間に対して
甘い判決を下す作品が
(観ている範囲では) 多い気がする。
内乱の罪は大きいのに。
( 『プリパラ』 の ひびき、お前もだ!)

ミューズくんなんて
幼くなっただけで無罪放免?
そりゃないわ!
お尻ペンペンくらいは必要だろう!

それから、シオン君が巨大岩石の
下敷きになったのは、ありゃ何だったのかね?
ん? あぁ、そう。 イメージだったのね。
イメージかぁ~。 そりゃ仕方ない。
納得した・・・するかッ!

はい。
新シリーズが 次回から始まるみたいだけど
何か絵が違うね。 残念そうな感じ。
第1話だけの 作画監督のクセならいいのに。

それと 次は
過去キャラクターが物語を
動かしたりしない展開にして下さい。



 『魔法少女?なりあ☆がーるず』
第12話「魔法少女のいない世界」(最終回)
http://www.nariagirls.com/

まさか このアニメで泣かされるとは。

と言いつつ、実は
先週の前回の終わり辺りから
既に泣く準備が出来ていたのでした。

全編を通じて 『まどかマギカ』 のパロディーと
声優さんのバカな会話だけで成り立っていて、
観続けている自分が不思議だったんだけれど
最後まで観て良かったと 素直に言える良作でした。

最終回は、特に エンディングから
Cパートの流れが なかなか感動的。

こんなに素敵な作品になるのなら、
メタ発言の無い 真っ当な作品で良かったのに。
そういう意味では勿体ない作品。



 『マクロスΔ』
第26話「永遠のワルキューレ」(最終回)
http://macross.jp/delta/story/?id=27

こちらも良い締めでした。

フレイアちゃんは最後の最後まで可愛かったし。

ラスト、ハヤテに言った 「覚悟するんよ」 は
先に亡くなるのが分かってるからの
言葉なんだと思うと、どうしても寂しくなるね。
せめて 田舎娘は夜の生活が ごっつー激しい!っていう
意味だったら安心なのに。

そんな こんなで
ミラージュさんも、レイナも マキナも、カナメさんも、
そして もちろん 美雲さんも、女性陣は みんな可愛かった。
まさに 可愛いは正義。

あと、最後の戦いでは ハインツ陛下も
ワルキューレの歌を歌わなくちゃいけないよ。

ワルキューレの歌詞が分からなくても
いつものコーラスを歌に合わせて
被せるだけで良いんだから。

音楽の素晴らしさは
そういう全く異国の別なもの同士でも
ひとつになれるってところもあるのよ。

それが出来なかったのは
厳しく言えば、
制作側が音楽を愛していない事の現れだと
言っても過言じゃない気がする。
絶対に そういうカッコイイ展開だと
想像してたんだけどな。

あとは、人間だけじゃなくって
ウミネコたちも精神が つながってるカットも欲しかった。



 『アクティヴレイド 機動強襲室第八係 2nd』
http://activeraid.net/character/18/

実は 全然 観てなかったんだけど、
たまたまエンディングが流れていて
ふわふわした美少女を発見。

どうやら電脳空間 (死語?) にだけ存在する
Likoちゃんって娘みたいね。 実にキュート。

但し、魅力は外見の可愛らしさだけで
歌もダンスも個人的には今ひとつ。
特にダンスは腰が入ってないぞ!

それでも、
ノンテロップのエンディングDVDでも
付いたCDだったら買ってたのに。

このジャケット、何か絵の雰囲気が違う!

本当は こんな感じの絵。 ↓

・・・と 描き下ろしまでして ウソを 吐いて。


また次回!


2016-09-29 23:43:20投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『デュエル・マスターズVSRF』 第23話

めっきり プリパラのゲーム日記になっちゃって
アニメの感想や 音楽関連が疎かになってる
幾何学庭園ですが、こちらも先週の お話し・・・。


『デュエル・マスターズVSRF』
第23話 「はちゃめちゃ同窓会っ! 5年2組 最強は誰だっ!?」
http://www.shopro.co.jp/tv/duelmastersvsrf/

5年2組 (の 女子生徒) ファンとしては
今回の お話しを無視してはなるまい。

・・・と言いつつ、
ファンサービスにもならない
余りにも雑なものでした。

いや、鎌倉ユキ子ちゃんや 大畠 乱ちゃんが
全く喋らないってのは やっぱり余りにも酷い。

少なくとも 緑山メイちゃんは
ヨーデルと声優さんが一緒なんだから
何とか出来たはずだ。
(相変わらず 寝てばかりだっただけど・・・)

しかも 同窓会だというのに
小熊先生の姿もない。

あちら こちらに 大人の事情が見えて残念だった。


これに限らず どんな作品でも そうなんだけど、
そう言った障壁を乗り越えて
同じ作るのなら それなりに本気で作ってもらいたい。

私がプロデューサーなり 監督だったら
自腹を切ってでも そうするし、
声優だったらノーギャラでも動くけどな。

作品を愛するという事は、すなわち そういう事だ。

・・・と素人の私は勝手に考えるのであった。


大人になるに連れて
愛よりも 優先しなくてはいけないものが
増えるのは 寂しい事だ。

まぁ でも、
みんな相変わらず元気そうで
誰も 死んでなくて安心したよ。

あ、ちなみに
過去作を知らない方の為に言っておくけど、
5年2組、(当時の) 最強は
(レオ君に着いて回ってる) 南藻奈巳君なのです。

あ、そうそう。
同窓会の会場での
主題歌のインストBGMは
嬉しかったけどね。


ピー! ゴットン!

そう言えば、才場くん、
「ギー! ガッシャン!」 って
言わなかった気がする。


描き下ろしは、
ボーイッシュで素敵、
お久し振りの 大畠 乱ちゃん。

乱ちゃんって もしかして、
ユキ子ちゃんには描かれていなかった
まつ毛が描かれてたから、
実は物凄い べっぴんさんに
成長しているんじゃないでしょうか!


2016-09-13 20:27:04投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 第111話

『プリパラ』
第111話 「子連れ怪盗 まほちゃん」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

あの紫京院ひびきが
スーパーサイリウムコーデを 貰えませんでした。


オリジナル表示





今回のストーリーを観ても判る通り、
ひびきは相変わらず お金が すべてだと思っている
高慢ちきな腐れ外道の悪女であり、
また これまでの行ないを全く反省していない、
嫌な嫌な悪党のままなのが明確になった。
演出では
それらを お笑いにして誤魔化してはいるんだけれど。

そして 私が何より許せないのは、
今なお安藤をプリパラ内に出入りさせている点。

ご存知の通り プリパラは乙女のパラダイスなのよ。
男が来て良い場所ではないんだ。
(プリチケが届いたレオナちゃんは 例外中の例外なのね)

それを 作品内の登場人物も 作品を観ている視聴者も
ヤギのコスプレをしている男前だからと言って
ギャグだと流して、黙認しているんだな。

でも実は、言うまでもなく
あれは とんでもない大悪行なのよ。

例えば、
ニック・Qが 美少女しか入れない 天然温泉に
洗面器に変装して入っていたとして・・・笑って許せる?
許せないでしょう?

だから 私は これから先、
ひびきが どれだけ反省しようと
安藤をプリパラに潜入させ続ける限り
許しもしないし 大嫌いなままだ。

あ。 ただ、個人的には
安藤を嫌ってはいないのを付け加えておくね。


2016-09-07 01:41:05投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』、『なりあ☆がーるず』、『ヴァンガードG』 ほか

今月は 物凄く早かったなぁ。
あれよあれよの ひと月だった。
こうして歳を取っていくんだな、ヒトは。



 『プリパラ』
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

第108話 「帰ってきたプリパリ」

帰ってこなくても いいのに。


第109話 「サパンナからSOS」

はななちゃんや 雨宮くんの そっくりさんの登場のせいで
めっきり夢オチの お話しかと思いながら観てしまった。

セルフパロディーのギャグとしての雨宮くんは ともかく、
はななちゃんまで そっくりさんである必要は まるでなかった。

『プリパラ』 アニメは コントに徹する余り
そのサジ加減を誤っている時が たまにある。

私の好みの問題なんだろうけど、
笑いというものを引き立たせるには反面
真面目だからこそ 際立つ事もあるのを お忘れなく。
つまり、やり過ぎ注意。

・・・などと思い切り上から目線。

だって、個人の感想なんだもーん!
感想は好きに言っても良いんだもーん!


またまたまた・・・
レオナちゃんの らいぶろを買っちゃったんだもーん!

おまえ今 「アホじゃコイツ」 って思ったろ?

8・23 放送分。
http://pripara.jp/libro/index.html
早く 観たいね 水着回。

しかし、放送が1週間 遅れってのは
気持ちが こう もやもやしてテンションが下がるね。
興醒めすると言うか、シラケると言うか。
いっそ 引っ越そうかな? ・・・ムチャ言うな!



 『魔法少女? なりあ☆がーるず』
第7話 「夏休みは いなほの別荘で バカンスなり?」
http://www.nariagirls.com/

唯一 観ている 夏 開始アニメ。

エンディングの 「めざせ!国民的キャラ」 の
切ないメロディーが好きで主題歌CDを買いました。

この歌は フルで聴く方が良いね。
向上心や志し、責任感や正義感が あとになるほど成長し、
高まり上がっていくという流れの歌詞も素晴らしい。
間奏もカッコイイ。
どうしても感動して泣いてしまうね、こういう歌は。
聴き込むほど好きになる名曲であるよ。

アニメ自体の内容は、う~ん・・・。
見続けているから面白いのかな?

次回は 4人目が登場するみたいなんだけど、
どう考えても ありゃ魔獣だわな。

広告。

貼ってて言うのも何だけど、これ売れないよ。

それなのに強気すぎる、この価格。
「4755円 あげるから貰って!」 って
言われても 断っちゃうかも。 (かも、かよ!)

え? 収録時間150分!?
何を そんなにダラダラ見せる気だ・・・。
本編よりも このソフトの存在の方が
笑えるのではないかしら。



 『マクロスΔ』
第21話 「切望 シークレット」
http://macross.jp/delta/story/?id=22

ワルキューレ目的で観ているだけあって、
結成前から 美雲さん加入までの
過去エピソードがメインの この回は
これまでで 一番 楽しめました。

美雲さんに関する秘密は、
“(ちょっと変わっただけの) ただの一般人説” を
支持していた ニック・Qとしては やや残念だけれど、
彼女を応援したい気持ちは これまでよりも うんと増しました。
美雲さんには幸せになってほしいです、本当に。

あ、そうそう。
松本零士先生の
エメラルダスに対するのと 同じ感情が湧いてるね。
要するに、
身の回りの お世話をさせてほしい気持ち。


あぁ、今 ふと思い付いた。

美雲さんって
ワルキューレの新メンバーに
チンパンジーが加わったとしても
「いいんじゃない?」 って言いそう。
心が広いのか、
はたまた無関心なのかは分からないけど。



 『アイカツスターズ!』
第19話 「真夏のトップダンサー☆」
http://www.aikatsu.net/story/019.html

う~ん・・・。
ボクは ホネホネブラザーズの方が良かったなぁ。
あずみパラダイスを思い出したよ。

あぁ。
あずみパラダイスっていうのは、
その昔 (40年くらい前になるかなぁ?)
兵庫県の姫路市にあった温泉が主流の遊興施設、
まぁ 今で言う スーパー銭湯みたいなもので。
当時で 350円だったか 500円だったかで
一日中、お風呂や遊戯施設を楽しめたのよ。
道路沿いのプールの大きなダルマの滑り台が目印で
屋内には ワニとかも飼われていてね。
(あれ? ワニが居たのは他所だったかな?)
そこの薄暗い舞台のステージで催されていたショーで
ホネホネブラザーズみたいな踊りが披露されていたのよ。
旅芸人一座さんの時代劇の合い間なんかに。
今は取り壊されて ザ・モール姫路という大型商業施設に
・・・何の話しだ。

えっと・・・あ、アイカツスターズだ。

ゆず先輩のは
ステージの豪華な雰囲気で勝っただけな気がする。

あと、バズーカの描写。
だから、ああいうのが男子向けで つまらんのよ。

でも 最後は みんなで踊って締めるのは楽しかったよ。
ああいうラストは爽やかで心地よい。


ちなみに ニック・Q、
ゆず先輩の 行動や立ち居振舞い、喋り口調 等々から
何故だか解からないけれど、物凄く 悪人に見えます。
ライバルを精神的に肉体的に平気で痛め付けたりしてそう。
どうしてだろう?
もしかしたら
何か他の作品に ああいうタイプの悪女が居たのかも?



 『カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編』
第44話 「審判の刻」 ~
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/cf-vanguard-g2/episodes/

ちょっと前の話しになりますが 一連の流れの感想。

明神リューズは やり方を間違えているだけで、
もっと人類の幸せを願う まともな敵だと思っていたんだけど
全然そうじゃなくて 非常に残念。

具体的に言うと、
あくまでも アッチの星だけにマイナス要素を振り分けて
(一体 何を どうすれば そうなるのかは 全く分からんが)、
コッチの星の人間は日常生活を普通に送りつつ
プラス要素だけで時間が流れる。
そんな計画だとばかり思ってた。

全地球人類が 全員 眠りに就いて、
夢の中だけで幸せなんか 偽りの幸福すぎるじゃん。

しかも リューズ組が
一度でも勝てばOKとか
単なる卑怯者でしかない。
何じゃ そのルール。

リューズには 心底 ガッカリ 失望したよ。
アレじゃ ただの安っぽい悪モンでしかない。

但し、石井心愛ちゃんの声は 相変わらず魅力的。


と言う訳で、喋りを妄想しつつ 描き下ろし。
クローン・明神リューズくん。

「“しまえ”って言われても・・・ なぁ?」
「なぁ」
「ナニを 何処にしまえばいいのか
分かんないよなぁ?」
「なぁ」
「それとも リューズくんが
しまう場所を用意してくれるのかな?」
「な」

全身像は pixiv まで どうぞ。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=58710833




めっきり
美少年好きなイメージになってきた ニック・Qだけれど、
違います。
いやいや、ホント。 違うって。

では 股。 ちーん


2016-08-29 19:39:29投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと

『プリパラ』 第102話、 『台風のノルダ』

何だか あーっと言う間に
2~3週間が過ぎていくよ。

はい。
かなり遅れちゃったけど、感想。



『プリパラ』
第102話 「変幻自在! ジュエルチェンジ ぽよ♡」
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pripara/episodes/index.html

映画の撮影の お話し。

一度目の視聴の時は
私も GENさんも Bパートの開始頃から
ウトウト寝てしまって・・・。
(ライブが始まると目が覚める。 音の加減?)

二度目の視聴では Aパートの途中から
ウトウト寝てしまって・・・。

三度目の視聴で 何とか最後まで観られたけど、
やっぱり こういう お話しって
ドッタンバッタンしてるだけで 全然 面白くない。

もちろん、基本的には
なるだけ子供目線で観ようとはしているのよ。

そもそも 自分の中の幼い人格が
こういった お子さん向けジャンルを観たがっているので。
(そうじゃないと筐体ゲームなんて出来っこないよね・・・)

いや、大人や子供とかじゃなしに
40年前に観ていても やっぱり つまらなかっただろう。
要するに、好みじゃないんだな、お笑いの芸風が。

それと、
「みんなの新しい面が見られて」 って言ってたけど
あれは声優さんの 別な声色が聴けただけで
キャラクターとしての一面とは また違う気がする。

つまり、今回の お話しは
声優さんに助けてもらっていてこそ
成り立っていた気がするんだな。
脚本自体そのものは面白くない。

~などと愚痴りながら
描き下ろしは、クールな レオナちゃん。

うれしいくせに。

実は この絵を世間様に公表したいだけで
感想を書いていたり。 というのは悪いウワサ。





『台風のノルダ』
http://typhoon-noruda.com/

先日の夜中に
突然 テレビ放送していた劇場アニメ作品。

いわゆる “ボーイ・ミーツ・ガール” の
お手本みたいな お話しでした。

これね、一見、宇宙人ノルダが地球改造(?)計画を
失敗したまま帰ったように見える描写だったんだよ。

でも、ニック・Qが想像するに、
彼女は計画を成功させたからこそ、
母星に帰ったんだと思う。

つまり、
ノルダたち宇宙人側が 実験結果として理解したのは、
すなわち、“地球人の男は 美少女に弱い” という事実。
(つまり 『ウルトラセブン』 の ピット星人と同じだね)

だからノルダは
わざわざ 後ろ姿の裸を見せ付けたり、
制服を着た女学生の姿であったり
(おそらく ノーブラ、ノーパンだったろう)、
生脚を常に露出していたり、
バナナを いやらしく食わえたりしたのだろう。

そうでないと
主人公たちの前に姿を現す理由がない。

そして、もうひとつの計画は、
“地球に穴を空けるテスト” くらいかな。
土壌調査ね。

何でも そうなんだけど、
大きな計画の前には下準備が必要だから。

という訳で、
なかなか宇宙人の地球侵略物として楽しめました。

透けブラやパンチラをしなかったのも好印象。

しかし、最近のオリジナルアニメーション作品は
“ファンタジー” が多いっていうのは、引っ掛かるね。


2016-07-12 23:17:37投稿者 : ニック・Q
この記事のURL コメント(0) nice!  あしあと
383件中   36 - 40 件表示 ( 全 77ページ )  ページを表示
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  ...